北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
DDR4 Memory Now Projected to Debut in 2014, But Ramp Up Rapidly.(X-bit labs)
iSuppli: DDR4 crossover to come in 2014(The Tech Report)

市場動向を調査している団体であるiSuppliが今後のDRAMモジュールの動向の調査レポートを明らかにした。今後、しばらくはDDR3がメインをしめる。しかし、2014年にDDR4が登場した後は、DRAMの勢力は急激に入れ替わり、2015年にはDDR4が過半数を占めるようになるという。

詳細は元記事の図を見ていただくのがいいでしょう。
現在は名実ともにDDR3が主力ですが、2014年まではDDR3が8割以上を占めるので、しばらくは新規格への移行を気に病む必要はなさそうです。

・・・まあ、メモリの移行期は旧世代メモリを無意味にためたユーザーが難民化するのはもう毎度のことですが。DDR2-800が24GB以上あって迷子になっているとか言う話はよく聞く話です。なお、この話は決して体験談では・・・・・・・・・・。