北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Officially Launches Desktop Fusion Llano APU(Bright Side Of News)
AMD introduces the first (two) A-Series desktop APUs(TechConnect Magazine)
AMD Announces A6-3650 & A8-3850 Llano A-Series APUs(Legit Reviews)
AMD Officially Announces Desktop Llano APUs(Expreview.com)
AMD Introduces Vision A6-3650 and A8-3850 Desktop APUs(techPowerUp!)
AMD、デスクトップ向けAMD Aシリーズ(Impress PC Watch)
AMD、デスクトップPC向けLlano「Aシリーズ」(ITmedia)
Fusion APU「A-Series」のデスクトップPC向けモデル,ついに登場。ラインナップとアーキテクチャを確認しておこう(4Gamer.net)
AMD's A8-3850 Fusion APU(The Tech Report)
The AMD A8-3850 Review: Llano on the Desktop(AnandTech)
AMD A8-3850 : An HTPC Perspective(AnandTech)
AMD A8-3850 Review(bit-tech.net)
True Fusion: AMD A8-3800 APU Review(X-bit labs)
AMDが「AMD Aシリーズ」をデスクトップ向けへ展開(Impress PC Watch / 多和田新也のニューアイテム診断室)
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?(ITmedia)
デスクトップPC向けLlano「A8-3850」レビュー,CPUコア編(4Gamer.net)
デスクトップPC向けLlano「A8-3850」レビュー,GPUコア編(4Gamer.net)

AMDは6月30日、デスクトップ向けのA series APU(“Llano”)を正式発表した。今回正式発表されたのはA8-3850とA6-3650の2種類である。価格はA8-3850が$135、A6-3650が$115となる。

デスクトップ向けA series APUのスペックを以下に掲載します。
 
A-series APU(Llano / 32nm / SocketFM1)
CPUコアコア数定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
GPUコアSP数GPU周波数
A8-
3870
Huskey4-core*.**GHz
TC *.**GHz
L2=1MB x4100W2ch DDR3
-1866
'11Q4
Radeon
HD 6550D
400sp600MHz
A8-
3850
Huskey4-core2.90GHz
L2=1MB x4100W2ch DDR3
-1866
'11/7/3
$135
Radeon
HD 6550D
400sp600MHz
A8-
3820
Huskey4-core*.**GHz
TC *.**GHz
L2=1MB x465W2ch DDR3
-1866
'11Q4
Radeon
HD 6550D
400sp600MHz
A8-
3800
Huskey4-core2.40GHz
TC 2.70GHz
L2=1MB x465W2ch DDR3
-1866
'11Q3
Radeon
HD 6550D
400sp600MHz
A6-
3670
Huskey4-core*.**GHz
TC *.**GHz
L2=1MB x4100W2ch DDR3
-1866
'11Q4
Radeon
HD 6530D
320sp443MHz
A6-
3650
Huskey4-core2.60GHz
L2=1MB x4100W2ch DDR3
-1866
'11/7/3
$115
Radeon
HD 6530D
320sp443MHz
A6-
3620
Huskey4-core*.**GHz
TC *.**GHz
L2=1MB x465W2ch DDR3
-1866
'11Q4
Radeon
HD 6530D
320sp443MHz
A6-
3600
Huskey4-core2.10GHz
TC 2.40GHz
L2=1MB x465W2ch DDR3
-1866
'11Q3
Radeon
HD 6530D
320sp443MHz
A6-
3500
Huskey3-core2.10GHz
TC 2.40GHz
L2=1MB x365W2ch DDR3
-1866
'11Q4
Radeon
HD 6530D
320sp443MHz
A4-
3400
Huskey2-core2.70GHz
L2=512kB x265W2ch DDR3
-1600
'11Q4
Radeon
HD 6410D
160sp600MHz
A4-
3300
Huskey2-core2.50GHz
L2=512kB x265W2ch DDR3
-1600
'11Q4
Radeon
HD 6410D
160sp443MHz
E2-
3200
Huskey2-core2.40GHz
L2=512kB x265W2ch DDR3
-1600
'11Q4
Radeon
HD 6370D
160sp443MHz


まずはじめに登場するA8-3850, A6-3650はともに4つのK10系マイクロアーキテクチャのx86コアとDirectX 11対応GPUを搭載する。そしてメモリコントローラはDual-channel DDR3に対応する。また、単体GPUとのDual-graphics technologyに対応する。対応するチップセットはAMD A75 / A55となり、SocketはSocketFM1を使用する。

第1陣として登場するのがTDP100Wで4-coreのA8-3850とA6-3650の2種類です。そして今夏中にTDP65Wで4-coreのA8-3800とA6-3600が登場します。2-coreのA4-seriesやE2-seriesは今冬の登場となるようです。
また、今まで話題に上ることはありませんでしたがTDP65Wで3-coreのA6-3500というものもあるようです。



レビューも解禁されており各メディアで掲載されています。
今回はThe Tech Reportのものを紹介します。環境はこちらの通りとなります。

LlanoPropusSandyBridge
A8-3850Phenom II
X4 840
Core i5
2500K
Core i5
2400
CPU周波数2.90GHz3.20GHz3.30GHz3.10GHz
コア数4444
GPUGeForce GTX 460 1GB
Memory
- Stream
memory
bandwidth
Triad12.913.118.218.2
Add12.913.218.518.5
Scale12.113.217.817.8
Copy12.113.217.817.8
Memory
- CPU-Z memory access latency
61504546
Game
- Battlefield: Bad Company 2
69 fps62 fps87 fps87 fps
Game
- Civilization V
Late game view27 fps26 fps43 fps42 fps
Late game view
no render
71 fps71 fps124 fps112 fps
Unit bench10 fps10 fps16 fps16 fps
Unit bench
No render
29 fps30 fps45 fps44 fps
Game
- F1 2010
1680 x 105044 fps42 fps50 fps50 fps
1920 x 120040 fps40 fps43 fps43 fps
Game
- Metro 2033
1680 x 1050
Medium56 fps54 fps70 fps69 fps
High48 fps47 fps51 fps51 fps
Sorce engine particle simulation69 fps74 fps144 fps136 fps
SunSPider 0.9.1
JavaScript benchmark
248 msec243 msec190 msec187 msec
7-Zip圧縮10033100951439013614
解凍11254127011456913892
TrueCrypt disk encryption
Ovarall average
216235542516
Image processing
- The Panorama Vactory
photo stitching
21.9 sec20.8 sec11.3 sec12.1 sec
Image processing
- picCOLOR
Partcle image velocimetry27.028.939.537.1
Real-time object tracking6.36.87.56.9
Multi barcodes7.97.413.814.1
Label reconginition / rotation5.26.010.39.9
Real-world test overall11.512.317.916.7
Video encoding
- x264 HD video
Pass165.167.291.8
Pass219.320.428.526.8
Vodep encoding
- Windows Live Movie Maker
video encoding
378 sec375 sec300 sec303 sec
Rendering
- Cinebench
1 CPU0.870.921.491.38
x CPU3.473.595.475.14
Renderging
- POV-Ray
chess2.pov85 sec77 sec52 sec55 sec
benchmark.pov294 sec275 sec197 sec210 sec
Valve VRAD map compilation143 sec132 sec74 sec78 sec
Scientific computing
- MyriMatch
118 sec112 sec83 sec86 sec
Scientific computing
- STARS Euler 3d
2.172.144.434.31
消費電力Idle58W76W64W64W
Cinebench時145W154W132W129W
※TrueCrypt disk encryptionはAES-NI対応
※picCOLORはSSE命令群やMulti-core、SMTを反映する

ここまでが“Llano”の主にCPU性能のベンチマークスコアとなります。これや他のメディアのベンチマーク記事を見る限り同周波数の“Propus”や“Deneb”と大きく変わるものではないことがわかります。
内蔵GPUの性能については前々からリークしていたとおり、現行の内蔵GPUとしては非常に優秀です。ただ、Dual-GPU環境構築時の伸びがやや鈍いような印象はあります。このあたりはまだまだ改善が必要でしょう。環境の構築におけるハードルはかなり低いものとなっているので、ドライバやソフトウェア面での改良が待たれます。

(過去の関連エントリー)
“Llano / Zambezi”の第2陣のモデルナンバー(2011年6月30日)