北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel SSD 520 Cherryville The Faster, Tougher Successor of SSD 510(VR-Zone)

“Cherryville”は次のハイエンド一般向けSSDとなるIntel SSD 520のコードネームであり、現行のSSD 510の後継となるものである。“Cherryville”はSSD 510よりも幅広いラインナップが用意される。SSD 510では120GBと250GBの2モデルのみがラインナップされているが、SSD 520では一番下が60GB、一番上が480GBとなる。そしてその間に120GB、160GB、240GBが用意される。
 
“Cherryville”の性能であるがSequenential transfer ratesがRead 530MB/s, Write 490MB/sとなる。Random accessはRead 40000IOPS, Write 45000IOPSとなる。ただし、この数字がどのモデルのものかまでは明らかになっておらず、それぞれのモデルごとの具体的なスペックが判明するのはもう少し後になりそうだ。

規格は2.5インチ、使用するNAND flashはIntel製の25nm MLC NANDである。SMART(ドライブエラーを報告する)やTRIM(書き込み性能低下を抑制する)、NCQといった機能にも対応する。また256-bit AESによるデータ暗号化やend-to-endデータ保護に対応する。
平均故障時間は120万時間で、動作温度は0~70℃となる。


スペックをまとめると以下のようになります。

Intel SSD 520(Cherryville)
容量60GB, 120GB, 160GB, 240GB, 480GB
NANDIntel 25nm MLC NAND
SequentialRead530MB/s
Write490MB/s
Random
Access
Read40000IOPS
Write45000IOPS
インターフェースS-ATA 6.0Gbps, 3.0Gbps


“Cherryville”ことIntel SSD 520の登場は2011年第4四半期が予定されています。