北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Elpida develops 1600Mbps 4Gb LPDDR3(DigiTimes)
Elpida Introduces 4Gb LPDDR3 Memory Device.(X-bit labs)
エルピーダ、1.2V/1,600Mbps駆動のLPDDR3を開発(Impress PC Watch)
1600Mbps高速動作、4GビットDDR3 Mobile RAM(LPDDR3)を開発(Elpida)

Elpidaは32nmプロセスの4Gb DDR3 Mobile RAM(以下LPDDR3)の開発を完了したと発表した。この30nmプロセスLPDDR3は1600Mbpsという高速なデータ転送率を実現し、その一方で駆動電圧は1.2Vと低電圧を実現している。
 
Elpidaは既に高性能・低消費電力なWide IO mobile RAMとともに、今回のLPDDR3を次世代Mobile機器向けとして位置づけている。LPDDR3のデータ転送率はLPDDR2(DDR2 Mobile RAM)の2倍となっている。

今回のLPDDR3はpinあたりの速度が1600Mbpsでデバイスとしての転送速度は6.4GB/s、2チップ環境であれば12.8GB/sをとなる。一方で、消費電力はLPDDR2比で25%削減されるという。

今回開発されたLPDDR3のサンプル出荷は2011年末からとなり、大量生産は2012年後半を予定している。また2層または4層積層とした高密度な8Gb、16Gbのチップも予定されているという。

LPDDR3は自作PCとは直接的には関係はありませんが、スマートフォンやタブレットPCのようなMobile機器が劇的に伸びている現在においてはホットな話題です。