北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel adjusts Atom development focus, say sources(DigiTimes)
Intel Readies Atom-based SoC for NAS Devices(techPowerUp!)

IntelはNAS(Network-attached storage)デバイスやエントリーレベルサーバー向けのAtomを2012年第2四半期に計画しているという。

この新Atomは“Centerton”というコードネームで呼ばれている。“Centerton”は32nmプロセスで製造されるSoC設計のCPUで、小型で低消費電力なものとなる。
 
ネットブックやネットトップの需要が低迷しこれらに向けたAtom N2800, N2600やAtom D2700, D2500の売り上げが伸び悩む中、IntelはAtom CPUの開発において組込み向けやサーバーアプリケーション向けを重視するように軸足を移しているという。

2012年の“Centerton”(“Saltwell”)に続き、2013年には22nmプロセスの“Silvermont”が、2014年には14nmプロセスの“Airmont”が予定されている。

ネットブック自体が一過性のブームだったのか・・・。実際今のIntelはこの分野には明らかに力を入れておらず、“Cedarview”もDirectX 10や64-bitに対応したドライバがリリースされないなど半ば生殺しのような状態となっています。一方でIntelは小型軽量ノートPCとしてUltrabook構想を打ち出しており、今後ネットブックが顧みられることはなさそうです。

(過去の関連エントリー)
“Centerton”―サーバー向けのAtom(2011年12月9日)