北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Atom Processor Will Be Quad-Core In 2013(Xtreview.com)

IntelはAtomをサーバー向けに投入することを計画している。
このサーバー向けのAtomはECCメモリへのサポートが追加される。まず最初に登場するのが“Centerton”で2012年下半期に予定されている。


続く2013年には22nmプロセスの“Silvermont”が登場する。この“Silvermont”では4-core版が新たに登場する。そして2014年中盤に14nmプロセスの“Airmont”が予定されている。
“Silvermont”も“Airmont”もECCメモリに対応し、2-coreと4-coreが登場する見込みである。


Xtreview.comにはAtomのロードマップの一部と思われる表が掲載されています。2011~2012年の“Cedarview”には“D”という文字が1つ見られます。これに続く2013年の“Next Gen”には“T”、“Q”、“D”、“E”という4つの文字が書かれています。これらの文字が何を表すのかは元記事では触れられていません。元記事の本文から推測すると“D”がDual-core、“Q”がQuad-core、“E”がECCメモリサポート、となるのかもしれませんが、残る“T”および別の箇所に記載されている“P”については見当が付きません。

今のところAtomが4-coreとなるのは22nmプロセスの“Silvermont”世代からとなるようです。