北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD's next-gen GPU family codenamed Sea Islands(VR-Zone)

Radeon HD 7000系―“Southern Islands”がようやくロールアウトし始めたばかりであるが、かつてAMDのASIC設計者のLinkedinのプロフィールにさらにその次のAMDのGPUファミリーのコードネームが掲載されていた。
“Southern Islands”に続くGPUのコードネームは“Sea Islands”である。


こんかい“Sea Islands”のコードネームを明かしたAlexander Shternshain氏はMTS Design Engineerとして“Evergreen”(Radeon HD 5000系)と“Northern Islands”(Radeon HD 6000系)、そして“Ontario / Zacate”と“Llano”、“Krishna”の開発に携わった人物である。
Radeon HD 7000系は“Southern Islands”と呼ばれているが、それに続くのが“Sea Islands”となる。


“Sea Islands”はアメリカの大西洋沿岸に連なる島々を指す。“Sea Islands”はGPUファミリーのコードネームであるため、GPU個々のコードネームとしてはこれらの島々の名前がつけられるのではないかと思われる。
“Sea Islands”はおそらく2012年末か2013年初めに登場することになるだろう。そしておそらくはアーキテクチャとしてGraphics Core Nextを採用し、製造プロセスはTSMC 28nmプロセスになると思われる。


GPUの製品命名法が変わらなければ“Sea Islands”はRadeon HD 8000系となるでしょう。今回はコードネームがリークしたのみで具体的にどのようなものになるかはまだ分かっていません。