北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Sapphire Readies HD 7970 with 1335 MHz GPU Clock(VR-Zone)
Sapphire Readies Radeon HD 7970 Cards with 1335 MHz Core Clock, 6 GB Memory(techPowerUp!)
Sapphire Non-Reference Radeon HD7970 Models Listed, FLEX 6G Edition HD7970 to feature 6GB Memory(WCCF Tech)

AMDはRadeon HD 7970でオーバークロック耐性の高さをアピールしていたが、それを裏付けるような資料が今回明らかになった。
明らかになったのはSapphireのオリジナルデザインのRadeon HD 7970搭載カードのスペック表である。このスペック表には6種類のRadeon HD 7970搭載カードのスペックが書かれている。そしてそのうちの2種類―“Atomic RX”と“Atomic WC”はコア周波数が1335MHz、メモリ周波数が1433MHz(5735MHz)に設定されている。なお“Atmoc RX”は空冷、“Atomic WC”は水冷になると思われる。
 
もう1つ注目したいのが“FLEX 6G”である。この“FLEX 6G”はフレキシブルなディスプレイ出力を可能とするカードで、6つのmini-DisplayPortを搭載する。周波数についてはリファレンス設計通りであるが、注目すべきはメモリの量でリファレンス仕様の倍の6GBを搭載する。しかし、現時点で4GbitのGDDR5チップは存在しないため、おそらくは32-bitメモリインターフェースにメモリチップを2枚接続する形となる。つまり、2Gbitのメモリチップを24枚搭載することになるだろう。

以下に今回掲載されたSapphireのRadeon HD 7970搭載カードのスペックを一覧にしてまとめます。

GPU周波数搭載メモリ出力
メモリ周波数
Da Original
(リファレンス)
925MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1375MHz
(5500MHz)
Atomic RX1335MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1444MHz
(5735MHz)
Atomic WC1335MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1444MHz
(5735MHz)
Toxic 3G1125MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1400MHz
(5600MHz)
FLEX 6G925MHzGDDR5 6GBmini-DP:6
1375MHz
(5500MHz)
VaporX 3G1010MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1400MHz
(5600MHz)
Dual-Fan 3G925MHzGDDR5 3GBmini-DP:2
HDMI 1.4a:1
S-link DVI:1
1375MHz
(5500MHz)


1GHz超えのモデルが4モデルという時点でなかなかのものですが、“Atomic RX / WC”の1335MHzという周波数は驚異的な数字です。その分電力の要求も厳しいものとなるでしょうが、これらを購入する層は当然その対策は成されているという前提の上でしょう。