北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Nvidia shipping Kepler to notebook manufacturers(Fudzilla)
Kepler to end up in Ultrabooks(Fudzilla)
Report: NVIDIA shipping Kepler to notebook OEMs(VR-Zone)

ノートPC向けの“Kepler”の出荷は既に始まっている。そして“Kepler”を搭載したノートPCは4月に市場に現れるという。この“Kepler”搭載ノートPCはIntelの“IvyBridge”を搭載したものとなる。
 
“Kepler”はパフォーマンス帯からハイエンド帯のGeForce 600M seriesとして投入される。ライバルのAMDの“Graphics Core Next”系コアを搭載したRadeon HD 7000Mも同じような時期に登場する。4月頃に登場するであろうDellのAlienwareのラインナップを見るとCPUには“IvyBridge”を搭載し、GPUとして“Graphics Core Next”系のRadeon HD 7970Mか“Kepler”系のGeForce GTX 660Mを選択できるようになっている。

“Kepler”の大規模な出荷は2月中旬―旧正月明けが最初となる。また興味深いことにNVIDIAはGeForce GPUをUltrabookでも搭載することを考えている。ただ、薄型の筐体に入れるということを考えるとGeForce 320Mのようなエントリーレベルのモデルとなるだろう。

具体的にどのコアが・・・という話はありません。ここで出荷されているMobile GPUは以前最初に登場すると言われていたGK107という可能性もあるでしょう。

UltrabookへのGeFoce GPU搭載に関してはFudzillaでは“Kepler”をUltrabookに搭載することを考えていると述べています。つまり“IvyBridge”ベースのUltrabookに“Kepler”が搭載されたものが登場するようです。そしてASUSとAcerがそのような製品を検討していると伝えています。