北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Expects Beyond Full-HD Notebook Displays in Coming Years.(X-bit labs)
Intel to Push for Higher Resolution PC Displays, Arrive in 2013(techPowerUp!)
Intel: Retina laptop, desktop displays coming in 2013(Liliputing)
Intel forecast: 4K monitors from 2013 in the premium segment, from 2015 in the mainstream segment(3Center.org)

PC業界における高画質動画やグラフィックの定義はこの5~7年の間で劇的に変わってきた。そしてさらなる進化として今後もより高い解像度を目指すことになる。

Intelは2013年はUltra high-definition resolution(超高解像度)の環境がメインストリームとなると考えている。
 
IDF BeijingでIntelはノートPC、オールインワンデスクトップ、UltrabookなどのPC製品の解像度の推移を示して見せた。

Intelは高い解像度、輝度、広い色域などの機能・特徴を備えた“rich displays”がPC業界全体で広く注力されるようになると考えている。そしてIntelはGPUにおいてはUltra High-definition(UHD)解像度を扱うことは既に出来ると断言しており、高解像度の普及において解決すべきはコストと消費電力の2つであると述べた。

上記の問題に関してもUHDディスプレイパネルの大量生産により解決しつつある。最初のUDディスプレイ採用システムは2012年に登場することとなる。だがノートPCやタブレット、デスクトップPCといったフォームファクタは変更されず、pixel per inch(PPI)の密度を上げる方向に動く。

iPhone 4のPPIは326ppiであるが、このレベルになると人間の目は1つのpixelを見分けることが出来ない。スマートフォンのように比較的近くで操作するようなデバイスはこのあたりのPPIを目指すことになるだろう。一方で、もう少し距離を離して見ることになるデバイスはこれよりも低いPPIをで収まることになる。例えば11~13インチのディスプレイであれば250ppiもあれば十分であろう。そのため11~13インチは2560×1440または2800×1800あたりの解像度となる。15インチノートPCでは3840×2160に、オールインワンデスクトップでは3840×2160程度となるだろう。

3DCenter.orgには2015年までの解像度の推移がデバイスとディスプレイサイズ別に分けられて掲載されています。
例えば、デスクトップ向けで現在主流の21~24インチディスプレイは現時点では1920×1080のFull HDが主流ですが、これは2013年には2560×1440が主流となり、2015年には3840×2160になると予想されています。もう1ランク上の24~30インチのクラスは現在の2560×1440から3810×2160(2013年)→4096×2304(2014年)→4800×2700(2015年)と移行します。

ノートPCに目を向けると1366×768が主流の11~16インチノートも2013年には1920×1080が主流となり、2015年には3200×2000が主流になるだろうと予想されています。