北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Gigabyte NVIDIA GeForce GTX 680 Super Overclock Windforce 5X Pictured(Legit Reviews)
GIGABYTE GTX 680 SuperOverclock WindForce 5X Pictured Some More(techPowerUp!)

Gigabyteは同社のTech Tour 2012で独自設計のGeForce GTX 680カードとなる“GTX 680 Super Overclock Windforce 5X”を明らかにした。
 
“GTX 680 Super Overclock Windforce 5X”はGigabyteが開発した“Windforce 5X”クーラーを使用している。“Windforce 5X”は密なアルミ製のフィンで構成されたヒートシンクと6mm径のヒートパイプ9本で構成されている。ヒートシンクのベース部は銅製で、ここがGPUコアに接している。そしてファンは40mmファンが5個取り付けられている。カードの厚さは3スロット仕様となる。ファンは上方向に取り付けられており、通常のカードで見られるように空気をヒートシンクから取り込みサイドパネルから放出する形ではない。

GeForce GTX 680のリファレンスカードではPCI-Express電源コネクタは6-pin×2となっているが、この“GTX 680 Super Overclock Windforce 5X”では6-pin+8-pinとなっている。
出力はDVI×2 / HDMI / DisplayPortとなっている。


周波数については明らかにされていません。
写真はLegit Reviewsに1枚、techPowerUp!に5枚が掲載されていますが、非常に変わったデザインのカードとなっており、上方に取り付けられた5基の4cmファンがこのカードを特徴付けています。

なんとなく床に置いておいたら走り出しそうな雰囲気があります。