北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Bolton D4 chipset hits FM2+ socket(Fudzilla)
If the Trinity successor "Kaveri" in the base + FM2?(3DCenter.org)

Fudzillaの読者の一部から“Bolton D4”とAMD A85X(“Hudson D4”)は同じチップセットでは無いかという指摘があった。だが両者は別のものである。

“Bolton D4”とAMD A85Xの主な違いは“Bolton D4”ではSocketFM2に加えてSocketFM2+に対応することである。
 
28nmプロセス世代のAPUである“Richland”はSocketFM2でも動作する。SocketFM2は“Trinity”(例えばA10-5800K)と同じSocketである。一方、SocketFM2+は“Richland”の新たな機能を使用できるSocketとして用意されるものとなるだろう。

“Bolton D4”は2013年第1四半期に予定されている。SocketFM2のAMD A85Xでも“Richland”は動作するはずだが、AMDはパートナーに2013年のAPU(=“Richland”)を動作させるためには“Bulton D4”またはそのスペック削減版である“Bolton D3”が必要であると話しているという。

“Richland”は現在の予定では2013年第2四半期後半に登場する予定である。

・・・SocketFM2+などというものが出てきてしまいました。
おそらくSocketAM2とAM2+、あるいはSocketAM3とAM3+のような関係になるとみられ、SocketFM2対応の“Trinity”はSocketFM2とFM2+どちらでも動作し、SocketFM2+対応の“Richland / Kaveri”もSocketFM2とFM2+どちらでも動作はするものの、FM2での動作の場合は一部の機能が制限され、全ての機能を引き出すにはSocketFM2+が必要になるという形になるものと思われます。

とはいえ、本当にSocketFM2+というものが出てくるかどうかは、もう少し情報が必要でしょう。