北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Core i7-3970X Arrives in Q4: Report(VR-Zone)
Intel Core i7-3970X Extreme Arrives in Q4(techPowerUp!)
Intel, Core i7-3970X processor is preparing(DonanimHaber.com / トルコ語)
Intel to Update "Sandy Bridge-E" High-End Desktop Lineup in Q4.(X-bit labs)
Intel Preparing Core i7-3970X Extreme Edition For Fourth-Quarter 2012(Legit Reviews)

DonanimHaber.comによるとIntelの次のハイエンドデスクトップ向けLGA2011 CPUは2012年第4四半期に登場するようだ。2012年第4四半期に登場するLGA2011 CPUはCore i7 3970Xと呼ばれ、現行のCore i7 3960Xの後継となる。

Core i7 3970Xの周波数は定格:3.50GHz / TB 4.00GHzとなる。今までのExtreme Edition同様倍率ロックが解除されたものとなる。
 
Core i7 3970Xは32nmプロセスの“SandyBridge-E”をベースとし、コア数・スレッド数は6-core / 12-threadとなる。L3キャッシュ容量は15MB、メモリコントローラは4ch DDR3-1600に対応し、最大64GBまでに対応する。
価格はCore i7 3960Xと同等となる見込みだ。


過去には2012年第2四半期にも登場すると言われていた“SandyBridge-E”の第2弾ですが、第3四半期の現在に至るまで登場しておらず、最近はその話も聞かなくなっていましたが、今回ようやく“SandyBridge-E”の第2弾の話が出てきました。今回の情報では“SandyBridge-E”の第2弾は2012年第4四半期となるようで、最上位のExtreme EditionとしてはCore i7 3970Xが登場します。このCore i7 3970Xは6-core,12-thread / 3.50GHz,TB 4.00GHz / L3=15MBというスペックで、現行のCore i7 3960Xの周波数を上げたようなモデルとなります。コア数は6-core,12-threadのままで据え置かれ、8-core,16-threadモデルの登場を待っていた層にはやや物足りないかもしれません。TDPはDonanimHaber.comやX-bit labs, Legit Reviewに150Wという記述が見られます。

Core i7 3930Kやi7 3820の後継については今回の情報では何も触れられていませんが、いずれ何かしらの情報が入ってくるものと思われます。