北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel to try out wireless charging technology in ultrabooks and smartphones in 2H13(DigiTimes)

Intelは自社で開発したWireless chargint technology(ワイヤレス充電技術)をIntelプラットフォーム搭載のUltrabookやスマートフォンに2013年下半期に導入することを考えているという。

既にいくつかのスマートフォンベンダーや通信キャリアがワイヤレス充電技術の開発を強力に推し進めており、NTT docomoとSHARPがWireless Power Consortium(WAS)のQi standardに準じたワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォンを既にローンチしている。しかし、その高いコストが一般向けの普及への障壁になっているという。
 
Ultrabookなどでも導入されることになるだろうIntelのワイヤレス充電技術は電力源と関連するソフトウェア、トランスミッタが組み合わされたものになる。またIntelのデータによると、このソリューションは低消費電力が特徴であり、またスマートフォンなどを特別な位置に置く必要もないという。

Intelは内蔵トランスミッタとレシーバのデザイン案を低コストで提供し、充電機能の点検・診断機構やスマートフォンの充電制御、充電状態のテストなどを担う充電機能を制御するソフトウェアの設計も行っている。

今回の情報筋は“Haswell”プラットフォームではまだワイヤレス充電技術は全採用とはならず、2013年下半期の時点では少数のモデルで採用される程度になるだろうと予想している。

ノートPCやスマートフォンなどの充電コードの取り回しが面倒だと感じることは少なからずあると思われますが、今回のワイヤレス充電機能はその取り回しの煩雑さを解決してくれるかもしれない興味深いものです。ただ、実際にどんなもの(既にリリースされたものとの違いも含め)かはまだ今回の記事では明らかになっていません。


パソコン工房のお得なキャンペーン