北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD’s 40nm Hondo almost ready(Fudzilla)

IDF 2012の前後でAMDが興味深いprocesssorの話をすることになりそうだ。
IDF 2012は9月11日より開催されるが、AMDは“Trinity”のデスクトップ向けや次世代FX seriesとなる“Vishera”を一部のジャーナリストにお披露目することを計画している。そして40nmプロセスの新型APUである“Hondo”もこの時にお披露目され、おそらくこれが最も興味深いものとなるだろうという。


“Hondo”は今年2月にロードマップに登場したもので、40nmプロセスで製造され、TDPは4.5Wとなり、1-coreまたは2-coreとなる。

“Hondo”はWindows 8を軽快に動作させられるものとなり、安価なシステムを構築することが出来る。そしてWindows RTを搭載する同様の製品への対抗馬となる。“Hondo”は超低消費電力APUの第1世代の製品となる。これに続く第2世代が“Tamesh”で、2013年に28nmプロセスで予定されている。

“Hondo”はタブレットなどに搭載されることを見込んだAPUとなり、“Zacate / Onatrio”と同系列の40nmプロセス“Bobcat”系のコアとなります。