北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Exlcusive: Intel’s Broadwell CPU chipsets(SemiAccurate)

“Broadwell”の時、IntelはAMDが“Trinity”や“Piledriver”でとったのと同じ行動をとることになる。つまり、“Broadwell”が登場する時には新チップセットは用意されない。

“Haswell”世代ではIntelは全てのインターフェースを最新世代のものとする。では“Broadwell”世代では何が変わるだろうか? メモリのタイプだろうか?PCI-Expressの世代だろうか?あるいはS-ATAやUSBだろうか? これらは全て“Haswell”世代のチップセットで更新されてしまう。Glorified PCIe3 overlays(=原文そのまま、ひょっとするとThunderboltの事だろうか。Thunderboltと考えると意味が通りやすいので、Thunderboltと考えて以下を訳す)―Thunderboltはパテントやらで競合を閉め出すよりも、市場に名前を広めたいと考えているようだ。そのためIntelはコストの面でも普及の面でも、Thunderboltに関しては現状維持(=チップセットへの統合はまだしない)とするようだ。
 
結果として“Broadwell”世代では新チップセットが登場しない。AMDの“Piledriver”世代がそうであったように、チップセットを更新する理由がないのである。

なかなか読みづらい文章で上の訳も原文に忠実とはとても言い難く、所々を拾い上げてパッチワーク的につなぎ合わせてしまったような代物となってしまっています。

まずこの記事で言いたいこととしては“Broadwell”世代では新チップセットが用意されないということで、この通りであれば“Haswell”世代のIntel 8 seriesチップセットがそのまま“Broadwell”世代でも続投することになります。AMDの“Piledriver”がたびたび引き合いに出されていますが、A series APUではA85X FCHという新チップセット投入はあったものの、既存のA75 FCHも続投する形となっています。

その理由としてはチップセットを更新する理由がない―つまり新たに統合する新機能がないことが言われています。Intel 8 seriesではS-ATAが全てS-ATA 6.0Gbpsになると言われています。USB 3.0に関してはIntel 7 seriesの段階で統合されています。
この記事では“Glorified PCIe3 overlays”という語句が見られますが、これがThunderboltのことならば、Thunderboltに関しては“Broadwell”の段階でも統合されない模様です。このあたりはパテントだのマーケッティングだのの事情があるようです(・・・原文では一言も“Thunderbolt”とは言っていないため、そもそもThunderboltの話なんかしてない可能性も往々にしてある)。

とにかく今回は、“Broadwell”世代でチップセットに統合すべき機能が見当たらなくなっており、この世代で新チップセットが投入されない可能性があるという程度の話としてとらえていただければ良いかと思われます。