北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
チックタック時代に別れを告げるBroadwell~タブレットにフォーカスしたBGA版SoCのみ、LGAは終焉へ?(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)
Intel Broadwell and Skylake To Use BGA Package – Intel More Focused on SOC Mobile Chips than Mainstream CPUs(WCCF Tech)
Intel’s Haswell Could Be Last Interchangeable Desktop Microprocessors - Report.(X-bit labs)
Rumor: Intel to stop offering socketed desktop CPUs(The Tech Report)
Intel Broadwell CPUs To Use BGA Package - Get Ready For The SOC Revolution(Legit Reviews)
Intel kills off the desktop, PCs go with it(SemiAccurate)

OEMメーカー筋の情報によると、“Broadwell”は“Haswell”の単純微細化世代ではなく、GPUの機能拡張などが施され、電力効率の向上に焦点を当てた新コアとなる模様である。そして“Broadwell”世代で提供されるパッケージは1チップのSoCのBGAのみになるという。
 
詳しくは元記事をご参照いただきたいのですが、ようは“Broadwell”世代では今まで以上に電力効率に重きを置いたものとなり、そしてタブレット市場をさらに重視したものとなるようです。そのため、アーキテクチャ面では“Broadwell”は“Haswell”の14nmプロセス版―つまりシュリンク世代ではないのではないかと指摘しています。最も強調されているのがGPUで、ここにPerformance-per-wattを上げたアーキテクチャを採用し、それによりProcessor全体の消費電力を下げるとしています。

パッケージ面では全てSoCのBGAのみに絞り込まれると述べています。“Haswell”ではProcessor+PCHの2チップ構成も選択できますが、“Broadwell”ではSoCのみで、2チップ構成はなくなるようです。ただし、SoCとはいってもProcessor部分とPCHの機能を担う部分は別々のダイとなり、この2つのダイをMCMで1パッケージに収めた形で提供されるようです。

もう少し具体的な製品構成の変化ですが、ノートPC向けでは現メインストリーム向けであるTDP35, 37W帯が廃止され、現在Ultrabook向けとなっているTDP15, 17W帯が主流になるとともに、さらにそのしたのTDP10Wあるいはそれ以下の拡充が行われます。そして“Haswell”、“Broadwell”、“Skylake”と世代を経るごとにTDP10W以下のレンジは徐々にTDPが下げられるようです。

そして自作PCという観点から見ると最大の問題となるのがデスクトップPC向けの変化で、デスクトップ向けの主流として提供されてきたLGAパッケージが“Broadwell”世代では用意されないようです。この措置に至った背景として、いわゆる箱形のデスクトップの市場が縮小し、ほとんどが液晶一体型のAll-In-One(AIO)タイプになり、しかもこれらのAIOではMobile向けのμPGAやBGAのパッケージを利用することが一般的になりつつあるということが挙げられています。
しかしながら、ホワイトボックスPC市場や自作PC市場などのCPUとマザーボードが分離していることがメリットとなる市場への対策は問題点と考えられているようで、ここにはLGAが提供される“Haswell”のリフレッシュなどで対応する事も考えられているようです。

・・・猫も杓子もタブレットという雰囲気になっていますが、そこまでタブレットが万能なデバイスなのか? と一人の自作erとしては大いに疑問に感じます。今後デスクトップ向けは全てAIOにするからメーカー製を買えと言われても、不要なプリインストールソフトが満載のメーカー製PCは正直願い下げですし、タブレットやノートPCに関しても役にも立たない重いだけのプリインストールソフトをなんとかしろと声を大にして言いたいところであります。

・・・話がそれてしまいましたが自作PCユーザーとしては、この流れはとてもではないですが歓迎できないものです。「自作erが歓迎しようとしなかろうとこの流れは止められない」というコメントをしたい方もいるでしょうが、歓迎できないという感想は変えられるものではありません。