北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Nvidia Set to Reveal Next-Generation Tegra “Wayne” and “Grey” Chips at CES.(X-bit labs)
NVIDIA Tegra 4 ‘Wayne’ and ‘Grey’ Chips to be Unveiled at CES 2013(WCCF Tech)

NVIDIAは既にMobileデバイス向けの次世代Tegraがテープアウトしたことを明らかにしているが、今回NVIDIAは次世代Tegraとなる“Wayne”と“Grey”の詳細を来年1月のCES 2013で初めて公開することを明らかにした。なお、実際の製品は2013年2月のMobile World Congressに予定されているようである。
 
NVIDIAのDirector of investor relationsであるChris Evenden氏は次のように語った。
「NVIDIAは来年のCES 2013で次世代Tegra製品を発表し、我々の顧客はMWC(Mobile World Congress)で(次世代Tegraを搭載した)製品を発表することになるだろう」


“Grey”は3Gと4G/LTE通信機能をSoCに組み込んだもので、スマートフォン市場へ切り込むための製品として期待がかかっている。
一方“Wayne”は次世代のMulti-core processorで、おそらくはARM Cortex-A15をベースとしたCPUコアにGeForceクラスのGPUコアを組み合わせたものとなる。
“Grey”も“Wayne”も製造プロセスは28nmプロセスとなる。


“Wayne”は“Kal-El”ことTegra 3の流れをくむであろうチップで、おそらくはTegra 4となるでしょう。“Wayne”のCPUコアはCortex-A15系になると言われています。主な市場はタブレットとなるでしょう。
“Grey”は3Gと4G/LTE通信機能を統合したSoCで、スマートフォン向けと位置づけられています。CPUコアやGPUコアに今のところどのようなものが使われるかは触れられていません。実際に“Grey”がエンドユーザーに降りてくるのはX-bit labsでは2013年第1四半期後半から第2四半期だろうと述べており、この段階では製品数としては少数だろうと書いています。数が増すのは2013年下半期になるだろうと予想しています。