北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
SATA Express standard enters ratification phase(The Tech Report)
New Superfast SATA Express Standard Brings 8 & 16GB/s Data Transfer Speeds to Storage Devices(Legit Reviews)
PCI Express-Based Serial ATA Specification Close to Ratification.(X-bit labs)

現在、2.5インチSSDにはSequentialの転送速度が550MB/sに近いものが出てきている。この転送速度は現在一般的にストレージに使われているインターフェースであるS-ATA 6.0Gbpsの転送速度の上限に近づいている。次世代SSDにはその速度をいかすための新たなインターフェースが必要とされており、Serial ATAの規格化を担当するSATA-IOが新たな規格を策定している。この新たな規格がSATA Expressで、この規格は現在、承認の段階(Ratification stage)に入り、SATA-IOのメンバーによるレビューが行われている。
 
SATA ExpressはSerial ATAとPCI-Expressを組み合わせたものである。インターフェースは完全にPCI-Expressをベースとしたものになるが、物理コネクタはSATAのものを使用することになる。このSATA Expressでは1つの物理ポートでSATA Experssと従来のSerial ATAのデバイス両方に対応できるものとなる。

転送のオーバーヘッドがなければ、SATA ExpressではPCI-Expressの全帯域を用いることが出来る。最初の実装ではPCI-Express 3.0で動作し、1レーンあたり双方向1GB/sの帯域を有するものとなる。ケーブルで接続されるデバイスでは1または2レーン分の帯域で接続される見込みであり、カードタイプのデバイスの場合は4レーンまでの帯域を用いることが出来る。どちらにしろ現行のS-ATA 6.0Gbpsの600MB/sを上回る帯域を有することになる。

しかし残念ながら現時点では何時最初のSATA Express対応デバイスが登場するのかは明確にされていない。SATA Expressは今年中に完成し、その後まもなくして製品が登場するものと考えられる。

X-bit labsにはSATA Expressのケーブルとコネクタを描いた図が掲載されています。ケーブルで接続される場合はPCI-Expressレーン数は1本または2本分となり、SATA Expressコネクタには2本のSATAまたは1本のSATA Expressケーブルが接続できるように描かれています。



コメント
この記事へのコメント
131005 
速くなったなあ。ATAなんか33MB/sとかだったのに
2013/01/05(Sat) 22:52 | URL | ノ(゜ω゜=゜ω゜)ヽ #-[ 編集]
131007 
コンパクトフォームでも、デスクトップタイプでも、PCI-Exporessとの融合が進んでいくと
電源もPCI-Exporessから直でとれるようになるのかな
2013/01/05(Sat) 23:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131009 
「PCI-Express 3.0」だとAMD系チップセットでは真の力は発揮できないってことか……
発売される頃には実装されていればいいけど……
2013/01/05(Sat) 23:52 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
131010 
PCIeの汎用性高過ぎだろ
2013/01/06(Sun) 00:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131011 
接続はまんまPCIEx2コネクタに直接刺してるのね
起動デバイスになるかはともかく
過去のPCでも一応使えるって事か
2013/01/06(Sun) 00:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131012 
あれ…もしかしてもう全部PCI-Exporessでつながればいい気がしてきた…
2013/01/06(Sun) 01:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131014 
すごいの一言。期待大。ケーブル接続でPCIe 3.0の帯域出せるようになるのか…。後は1TB級のSSDが手の届く価格で出てくれれば文句なし。
2013/01/06(Sun) 02:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131016 
完全にSSDのための規格になってるなぁ
シーケンシャル速くしてもあんまり使い道ないような気がするけど
大体何をするにも別のところがボトルネックになりそう
まぁ速いに越したことはないけどさ
2013/01/06(Sun) 03:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131017 
これらが実装されると、実際に使用出来るPCI-Expressアアダプタが、今迄よりも最低1レーン減るって事だよね?

スゲー迷惑なんだけど。

PCI-Expressアダプタに差し込むタイプなら抜けば良いから文句ないんだけど。
あと、いい加減PCI-Express x16とかの外部接続ケーブルと、外付けBOXが欲しい。
2013/01/06(Sun) 05:09 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
131022 
>いい加減PCI-Express x16とかの外部接続ケーブルと、外付けBOXが欲しい。

ELSAがGPGPUを念頭にいろいろ出してるから買えば良いのに。
こんな感じのやつ。

http://www.elsa-jp.co.jp/products/pes/index.html

大型のボックスだとカタログベースで50-100万円ぐらい。実際に買うときにはそこそこ値引きが効く(取扱業者によるけど)。
中型のXpander-4だと2-30万ぐらいだったかなあ。
安いMAGMAシリーズみたいなもんだと10万円ぐらいだったはずだから、大して高くないよ。
2013/01/06(Sun) 10:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131024 
外部接続はThunderboltがある
標準化されたらレーン増やしてSATA減らすだろう
2013/01/06(Sun) 10:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131028 
※131017
SATAExpress自体はPCIeを流用しているので、PCIeにも対応している
なので、後はホスト側のコネクタの形状による。
この記事だと既存のSATA互換のコネクタしかないような書き方だけど、
SATA-IOにはPCIe互換のコネクタもある。
あと、SATA互換のコネクタでも、デバイス側がPCIe互換コネクタのケーブル使えば、PCIeのカードも使える、はず。
コネクタ変換するためにケーブルが必要なので余計なコストかかるのと、
上手くケース内にPCIeのカードを設置できるのかという疑問があるけど。

本格的にSATAExpressが採用される時になれば、PCH側のPCIeのレーン数がx4くらい増えるんじゃないかな。
2013/01/06(Sun) 10:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131030 
ここまで速くなるとストレージからメモリに置くって概念がなくなるかもな
今の「仮想メモリ」と呼ばれてるところがそのままメモリとして使われそう
2013/01/06(Sun) 10:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131031 
>131017

まぁ、こいつが一般に手に入るときには、レーン数も増えてるさ。
安心シル。
後付のPCI-E→SATA-Eアダプタができたときには、いう通りで、
一個消費しちゃうわけだけどさ。
2013/01/06(Sun) 11:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131032 
帯域ばっか上げてもシーケンシャル競争になるばかりで意味が薄いから、現状の帯域で必然的にランダム競争にならざるを得ない状態のままで放っておいて欲しい
2013/01/06(Sun) 11:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131035 
小さくなった内部配線用コネクターが2本構成に…
常にそうですが、またまた拡張と妥協の嵐ですね
PadPCでより小さな配線が必要な時代なのに、逆行してるとか?

スマホにPadがそこそこ速いのは
1.用途限定OSでレガシーフリー、そして起動検証が少ないこと
2.フラッシュメモリー起動
3.低消費電力の常時スリープ
とも言えるので、これからのPCを考えると、高速化と低消費電力化は歓迎ともいえる
スマホやPadPCが小さなコンピュータなら
やはりマイクロソフトがWindowsで培った知識と経験はめっぽう強いのかな?
2013/01/06(Sun) 12:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131037 
>131017
PCI-Expressに統合していくならレーン数増やしていくんじゃないかな?

PCI-Express x16の外部接続ケーブルは売ってますよ。
私はGPUをケース外に出して使ってます。
2013/01/06(Sun) 14:21 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
131040 
速いことは良いことだけど・・・・・・・
ソケット共有無視して適切な位置にしてくれんと、ケーブルの取り回しが・・・・。
現状のケーブルで問題なければ良いんだけど・・・・・
なーんか、丸太くなって堅くなったり、平べっくなって曲げにくいとか有りそーだな?
2013/01/06(Sun) 18:28 | URL | LGA774 #p6CkwyQg[ 編集]
131042 
>>131035
だからPCIeを使ったSSD接続の小型版は、NGFFって別の提案があるんだけど。
それに、タブレットやスマホなんかに使われるストレージの接続はSATAじゃないから。
今はeMMCで、次世代としてより高速化される予定のUFS。
違う製品層で使われるものをごちゃ混ぜにしたらだめだよ。
2013/01/06(Sun) 20:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131045 
データのやり取りもこの際、変えようぜ…
いつまで仮想HDDやるんだ?
2013/01/06(Sun) 22:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131046 
>「PCI-Express 3.0」だとAMD系チップセットでは真の力は発揮できないってことか……
>発売される頃には実装されていればいいけど……
サウスから先なんてintelでも2.0しか生やしてないしDMI2.0の限界もある
ノース側のSATAにぶら下げるにしても数台なら現状のx8程度でも足りるんじゃないかね
まあこんなのもう何世代かしないと
我々の手の届く所には来ないんじゃないか
2013/01/06(Sun) 23:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131048 
NVM Expressと上位下位の関係になるってのは違う話だったっけ?
2013/01/07(Mon) 00:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131051 
> どちらにしろ現行のS-ATA 6.0Gbpsの600MB/sを上回る帯域を有することになる。

うーん・・・
6Gbps=750MB/sだと思うんたが・・・
どちらにせよ上回ることは間違いないんだけどw
2013/01/07(Mon) 07:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131053 
気になって調べてみたら、
8ビット(1バイト) のデータを10ビットにエンコードして伝送するから、
実行速度は 6.0Gbpsで600MB/s になるみたい。
2013/01/07(Mon) 08:53 | URL | ぺぱ #VhNaT.1s[ 編集]
131054 
※131051
8b/10bについて調べて見よう。
2013/01/07(Mon) 08:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131055 
現状のリード500MB/s超のSSDでも、実効帯域は使い切っていたりするのかな?
いずれにしてもあまり余裕がないのは間違いないのでできるだけ早くハイエンドには実装、という段階に入ってほしいなあ。

131051

SATAは10bit転送で、その内データは8bit。なので600MBであってる。
2013/01/07(Mon) 10:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131056 
実効データレートは4.8Gbpsだから600MB/sであってる
2013/01/07(Mon) 12:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131061 
8b/10b変換がされてるから600MB/sでいいんだよ
2013/01/07(Mon) 13:46 | URL |   #-[ 編集]
131065 
>131051

SATAは10bit転送なので600MB/secであってますよ。
2013/01/07(Mon) 14:24 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
131067 
>131051

SATA(とかその他いくつかの規格)は1byteを(データ訂正用とか含め)10bitにしてから送ってるから、「バスの転送速度6Gbps」は「データ転送速度600MByte/s」になる。
2013/01/07(Mon) 14:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131068 
>>131051
8b/10b符号化してるから、1Byteのやりとりに10bit使う
だから、600MB/sで正しい
2013/01/07(Mon) 14:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131070 
>131051

それは単純にバイトからビットに直しただけの場合。
実際にはデータは、8b/10bで転送されるから約600MB/s

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/8b/10b
2013/01/07(Mon) 15:58 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
131071 
>131051
この場合は10bit=1Byteだから6Gbpsは600MB/sだよ
ややこしいから全部統一して欲しいものだね
2013/01/07(Mon) 18:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131073 
6Gbps=750MB/sだけど、8b/10bのエンコードで600MB/sになる
2013/01/07(Mon) 20:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131076 
>131051
131053~131073までの総つっこみに同情を隠せない・・・。
ここら辺で勘弁してあげてください
2013/01/07(Mon) 23:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131077 
600MB/sの人気に嫉妬
2013/01/07(Mon) 23:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131079 
※131055
データは 8bit というのは違う。
2013/01/08(Tue) 00:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131081 
131051がフルボッコになってるwww

すまん、俺も一つ書いた
2013/01/08(Tue) 01:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131106 
>131046
メインメモリはCPUの向こう側
2013/01/08(Tue) 16:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131110 
案外これでもコメの承認数を絞ったのかもしれない
2013/01/08(Tue) 19:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131220 
> 131076
出遅れてしまった。
131051は気にしなくても大丈夫。600MB/s説も間違っているから。
8b/10b符号化に加えてパケット通信方式だからヘッダのオーバヘッドを差し引くとデータレートが600MB/sに届くわけがない。
2013/01/11(Fri) 23:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131225 
>>131220
理論値の話をしているところに、急に実効値を持ち出してどうする。
あと、説って。
SATA-IO自身が600MB/sって言ってるのに。
まあ、間違っていると否定するなら、
>>131220が正しいと考えるとSATA6GbpsのMB/sで表示するときの帯域を書いたらどうだろうか。
2013/01/12(Sat) 05:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131235 
> 131225
131220だけど実効値の話はしていない。「理論値」ではなく「転送レート」の話をしているのにというのなら指摘の通りかと思う。SATAでもbit per secondやbyte per secondではなく、transfer per secondに単位をそろえてくれたらいいのだけど。
残念ながらSATAパケットの詳細を知らないので数字では言えないが、600Mb/sに最大ペイロード長/(ヘッダ長などのオーバヘッド+最大ペイロード長)を掛けた値が理論的な最大データ転送速度となる。実効値は更に下がる。
2013/01/12(Sat) 15:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6465-4e9f3a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック