北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD's 2014 Kabini successor is Beema(Fudzilla)

AMDは低価格市場には現在“Brazos / Brazos 2.0”を充当している。知っての通り“Brazos / Brazos 2.0”は40nmプロセスの“Zacate”をベースとしたプラットフォームである。

2013年第2四半期にAMDは“Zacate”の後継となる“Kabini”をローンチする。“Kabini”は28nmプロセスのAPUでCPUコアは“Jaguar”となる。GPUは“Sea Islands”ベースで、(プラットフォームの)リファレンスデザインの名は“Larme”となる。

そして“Kabini”の後継が“Beema”である。“Beema”のCPUコアは“Jaguar+”と呼ばれるものになる。現時点ではこの“Beema”に関する情報はきわめて少なく、製造プロセスが28nmのままなのか、あるいは20nmプロセスになるのかは分からない。

“Beema”のGPUは“Sea Islands”ベースで、リファレンスデザインの名は“Larme”を引き継ぐ。“Beema”は2014年上半期の予定である。

“Zacate”の後継となる2013年のAPUは知っての通り“Kabini”で、“Jaguar”と呼ばれるCPUとGraphics Core NextアーキテクチャのGPUを組み合わせたものとなります。

そして今回、この“Kabini”の後継となる2014年のAPUの名がが明らかになりました。この情報によると“Kabini”の後継となるAPUの名は“Beema”となるようです。“Beema”に関する詳しい事はほとんど分かっていないようですが、CPUは“Jaguar+”と呼ばれるものとなるようです。GPUは“Sea Islands”がベースになると言われています。



コメント
この記事へのコメント
131253 
先の先の話よりまずはKabiniをリリースしてくれないと
コードネームKrishnaは何処に
2013/01/14(Mon) 22:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131257 
kabiniが順調だからその次の発表ということだろうね
KrishnaはTSMCの遅れでキャンセルされたよ
2013/01/15(Tue) 00:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131259 
JaguarコアのKabini・Temashは順調って話が多いし、既に出荷も始まってるって言うからもう心配いらないっしょ
世間の噂通り、Q1かQ2には市場に出てくるはず

GFの28nmプロセス使おうとして、結局キャンセルになったWichita/Krishnaとは事情が違う
2013/01/15(Tue) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
131273 
キャンセルされた"Wichita/Krishna"は乱暴に言えば"Kabini/Temash"だからなぁ
製造できるまで1年以上あったから、かなりの改良がされているだろうけど
2013/01/15(Tue) 10:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6486-48e6c9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック