北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
GeForce GTX 680 Can Be Flashed to GTX 770?(techPowerUp!)
Flash a GeForce GTX 680 to GTX 770?(Guru3D)
(UPDATE) NVIDIA GeForce GTX 680 Modified Into GeForce GTX 770(VideoCardz)

GeForce GTX 770はGeForce GTX 680と類似していなくはないスペックを有しており、オーバークロック性能を向上させ、そしてGPUそのものは現行のものであるGK104を使用する。ただ、NVIDIAは新たなASICコードネームとしてGK114またはGK204の名を用いてリリースするのではないかとtechPowerUp!では推測しており、より電力効率が高められるとともにGPU Boost 2.0にも対応するものとなる。

Radditのユーザーによると、BIOSを更新するだけでGeForce GTX 680を擬似的にGeForce GTX 770化することができるという。
 
このBIOS ROM imageはリファレンス設計のGeForce GTX 680で動作するとされ、適用することでGPU-ZのSSがGeForce GTX 770となる。そしてこのBIOSを適用するとコア周波数は定格 1059MHz / Boost 1125MHzとなり、メモリ周波数は1752MHz(7008MHz)になるという。メモリ帯域は224GB/sに引き上げられる。techPowerUp!でこのBIOSを試してみたところ、GeForce GTX 680の改造BIOS以外の何者でもなく、ドライバINFファイルを書き換え、GeForce driverに異なったモデル名を表示させるものであった。つまり、このBIOSは単純にGeForce GTX 680の周波数を引き上げるものである。そして(適用することで)不安定になる可能性もついて回る。

GeForce GTX 680をOCした上でGTX 770に見せかける範疇をでない代物です。そのため、改造BIOSを適用した後の周波数がGeForce GTX 770のものという確証は現時点ではどこにももありません。

以前の情報ではGeForce GTX 770はGK104-425というコアを用いるとされ、これはGeForce GTX 680のGK104-400とは区別されています。両者の違いがどのようなものかは不明ですが、Revision changeがされているのではあれば、(擬似的にではなく)真にGeForce GTX 680をGTX 770化するのは難しいでしょう。


パソコン工房のお得なキャンペーン



コメント
この記事へのコメント
135597 
リリーする・・・キマシタワー
2013/05/15(Wed) 03:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
135613 
これで気になることは、BIOSとかじゃなくて、
770が7GHzのGDDR5を使うかもしれないってことなんだが
7GHzのGDDR5は、製品としては一応あるがまだまだ特注品で、
価格も消費電力も6GHzまでと比べるとやばかったはず
770のウワサとして、680のリネームなのに価格がやけに高い、
メモリ容量が4GBない、補助電源が6+6pinから8+6pinに変わってる、
などなどあるわけだが、全てこのせいか?
2013/05/15(Wed) 09:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
135635 
コア周波数よりも6Ghzチップのメモリを7GhzまでOCするのは結構無理がある
2013/05/15(Wed) 15:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
135639 
なんか懐かしいなぁ~w
昔、無印をウルトラ化して遊んでたよ
たまたまOC耐性が良いボードだと改造後も普通に使えるんだよなw
2013/05/15(Wed) 16:25 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
135647 
この設定で普通に使える
2013/05/15(Wed) 18:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
135672 
『不安定に…』の時点でアウトでしょ。
2013/05/15(Wed) 21:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6800-5f126d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック