北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel to Launch Core i7 “Ivy Bridge-E” in Early September.(X-bit labs)
Intel Ivy Bridge-E Processors Including Flagship Core i7-4960X To Launch Between 4-11 September(WCCF Tech)

Intelの資料によると次世代Core i7 Extremeは9月上旬に登場するようである。この次世代Core i7 Extremeは“IvyBridge-E”のコードネームで呼ばれるものである。なお、ちょうど同時期にIntel Developer Forum 2013が9月10日より開始される。

VR-Zone chineaseには“IvyBridge-E”―Core i7 4900/4800 seriesは9月4~11日にローンチされると記した資料が掲載されている。性能やスペックについては掲載された資料には一切記載されておらず、この資料からは“IvyBridge-E”の詳細を知ることはできない。
 
今までの情報ではIntelは“IvyBridge-E”としてCore i7 4960X, i7 4930K, i7 4820Kの3種類を予定していると言われている。このうちCore i7 4960Xとi7 4930Kが6-coreで、Core i7 4820Kが4-coreとなる。これらは現行の“SandyBridge-E”と比較するとわずかに周波数が引き上げられている。TDPは引き続き130W、対応SocketはLGA2011となる。

以下に“IvyBridge-E”のスペックを掲載します。

Core i7(22nm / IvyBridge-E / LGA2011)
MNコア数
スレッド数
定格周波数
Turbo時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
Core i7
4960X
6-core
12-thread
3.60GHz
TB 4.00GHz
L2=256kB x6
L3=15MB
130W4ch DDR3
-1866
'13/9/4-11
$***
Core i7
4930K
6-core
12-thread
3.40GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x6
L3=12MB
130W4ch DDR3
-1866
'13/9/4-11
$***
Core i7
4820K
4-core
8-thread
3.70GHz
TB 3.90GHz
L2=256kB x4
L3=10MB
130W4ch DDR3
-1866
'13/9/4-11
$***


掲載された資料の上から3段目の“Product Introduction Date”の項目に“4-11 September”の記載がみられます。また2段目の“Product Name”の項目にCore i7 4960X, i7 4930K, i7 4820K (“IvyBridge-E”)の記載をみることができます。



コメント
この記事へのコメント
137152 
8coreのHSW-Eまでスルーするしかないな…
2013/06/21(Fri) 00:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137153 
もしグリスを使われているとと考えると、人柱でも買いにくいですね。
OC向けに使いたいところなのですけれど。
2013/06/21(Fri) 00:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137155 
-Eの開発スピードを速めてほしい
このままじゃItaniumみたいにズルズル遅くなるばかり
2013/06/21(Fri) 00:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137156 
なんかもう今更な感が…
2013/06/21(Fri) 00:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137163 
haswll-Eが8コア来るなら
スルーだよね・・・
2013/06/21(Fri) 05:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137164 
何故スキップしないのか
2013/06/21(Fri) 08:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137165 
TDP考えたら、LGA1155やLGA1150向けに使われているグリスでは無理な気がする。
2013/06/21(Fri) 09:10 | URL | LGA774 #lhVcev2I[ 編集]
137172 
ライバル不在じゃしょうがないね
8coreは無理か

日にちしか更新情報ないし価格予想でもしますか(予想な、希望ではなく)
Core i7 4960X 999ドル 11万
Core i7 4930K 799ドル 8.5万
Core i7 4820K 549ドル 6万

ってところか
絶望的だな
AMDがんばって
2013/06/21(Fri) 12:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137177 
x79 DDR3世代 最終仕様の4930Kで1台組みたい
2013/06/21(Fri) 12:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137178 
8コア無いなら、手は出さん!
2013/06/21(Fri) 12:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137187 
>>137172
Sandyが999,583,294ドルだったのに、
なんでそんなに値上がりするん
2013/06/21(Fri) 14:57 | URL | LGA774 #I9hX1OkI[ 編集]
137188 
9月だけ円高になぁれ!
2013/06/21(Fri) 15:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137189 
さすがにグリスはましなもん使うでしょ。
2013/06/21(Fri) 16:48 | URL | _ #-[ 編集]
137193 
意外と早かった
意外とOC体勢があった
となる以外に道が無いぞ
2013/06/21(Fri) 19:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137196 
Haswell-E待ち決定!
2013/06/21(Fri) 20:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137208 
Intelはデスクトップ向けはコア数よりシングルスレッド性能の方を重視してるから、
8コアを出すより、6コアでベースクロックを上げる方を選択したんじゃないの?
Haswell-Eが噂通り本当に8コアだったら、VRM統合して、電力制御をより高度にできるまでは、
TBで少数のスレッドのみが高負荷なら高クロックってのが、
実アプリだと画餅状態だったんじゃないかな。
2013/06/22(Sat) 13:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137209 
3960ユーザーだけど、PIe3.0ネイティブ対応ってだけで買う価値がある。
2013/06/22(Sat) 15:02 | URL | LGA774 #AIlHpmOk[ 編集]
137212 
魅力を感じろというのが難しいレベル
8コアか定格でも高クロックか どっちかはここで達成して欲しかった
2013/06/22(Sat) 18:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137216 
4820Kは、実質TDP115Wでもいいような気がする。
2013/06/23(Sun) 03:08 | URL | LGA774 #lhVcev2I[ 編集]
137229 
そもそももうPCはCPUに頼る時代で無くなりつつあるのに
どうしてもCPU屋はこういうの出さないと気がすまないのかね
2013/06/23(Sun) 20:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137233 
売れる要素がナイでしょ
2013/06/23(Sun) 22:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137236 
本当に売れないのなら出さないだろ

実際に市場で売れている製品と、一部の自作ユーザーの要求が乖離してきているだけの話
2013/06/24(Mon) 02:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137238 
A社はコンシューマディスクリートCPUから遠からず撤退するのは容易に想像できる
はて、Intel様、一般向け単体CPUをいつまで造るんだろう
まあ2010年代中は存在する
しかし2020年代以降はフェーズアウトへ入っていきそうだな
2013/06/24(Mon) 07:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137252 
魅力的だぞ?
OC耐性がIvyのままならな!
2013/06/24(Mon) 20:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137276 
3DCG制作でレンダリングを実行するものにとって、やっぱりまだCPUのFPUパワー必要
GPGPUだけのレンダリングというのは、いまひとつしっくりこない
ことに当方の使うPhenomⅡX6なんてこれ以上無い抜群のコストパフォーマンス

2013/06/25(Tue) 09:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6893-0330a0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック