北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
(関連エントリー)
【北森瓦版のHiberfil.sys】鳥、豊かな大地を舞い、壁を越え【Richland】(2013年6月9日)

6月9日のエントリーで5月31日に開催された“AMDのデスクトップPC向け「AMD Elite AシリーズAPU」新製品に関するNDA形式のブロガー勉強会”についてお伝えした。
そしてこの会の最後に日本AMDより“Richland”―A10-6800Kと対応マザーボードであるASUS F2A85-M Proを頂いたのでそのレビューをお届けする。
 
まずはマザーボードから見てみよう。

ASUS F2A85-M Pro 1 (2013年6月23日)

このマザーボード自体は“Trinity”がSocketFM2で登場した頃よりあるもので、“Richland”に合わせて登場したというものではないが、“Richland”に対応するマザーボードである。以前より使用している場合はBIOSのアップデートが必要となるが、説明会での話ではBIOSが非対応でもUnknownで動いてしまうマザーもあるようで、このマザーもそれに含まれるようだ。だが、その場合でも必ず対応BIOSへのアップデートは行って欲しいというコメントがあった。

このマザーボードの機能として“USB BIOS Flashback”というものがある。一言で言ってしまうとマザーボードと電源さえあればCPUもメモリも必要とせずBIOSを更新または復旧する機能だ。下がその手順を示したスライドとなる。

USB BIOS Flashback (2013年6月23日)

マザーボードの中身を見ていこう。

ASUS F2A85-M Pro 2 (2013年6月23日)

至ってオーソドックスなMicroATXマザーボードという印象を受けるかもしれない。基板は黒色で青色がアクセントとなっている。
PCI-Expressスロットはx16スロットが2本(x16+x0またはx8+x8動作)、x1スロットが2本でdGPU 2枚でのCrossFireにも対応する。SATA 6.0Gbpsポートは7で、eSATAを背面に1ポート備える。

・・・実はA10-5700との組み合わせで同型のマザーボードを既に運用していたりしたのだが、良く安定したマザーという印象であった。


ASUS F2A85-M Pro 3 (2013年6月23日)

背面のポートを見たものだ。画像出力端子がDVI, HDMI, DisplayPort, D-subと一通りそろっているのが好印象だ。USB 3.0は4ポート、GigabitLANは1ポートとなる。

次にA10-6800Kを見ていく。

A10-6800K 1 (2013年6月23日)

正式発表前ということで、パッケージをそのまま・・・というわけにはいかなかったのか、このような小さな小箱に入れられた状態であったが、逆にこちらの方が何となく特別さを醸し出していて、所有欲を満たしてくれる。

A10-6800K 2 (2013年6月23日)

OPNは“AD680KWOA44HL”で末尾の“HL”が“Richland”であることを示している。

今回はこの“Richland”と“Trinity”で比較レビューを・・・という趣旨で行う予定であったが、手持ちの“Trinity”がA10-5800KではなくA10-5700であり、A10-6800KとA10-5700の比較では何となく格好がつかない。そのためもう1つ役者を用意した。

A10-6700 1 (2013年6月23日)

A10-6700 2 (2013年6月23日)

A10-6700である。OPNは“AD6700OKA44HL”だ。こちらは自前で用意したもので、白色を基調としたパッケージに入っている。

今回使用したAPUのスペックを以下にまとめる。

A-series APU(32nm / SocketFM2)
コア数定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
A10-
6800K
4-core
2-module
4.10GHz
TC 4.40GHz
L2=2MB x2100W2ch DDR3
-2133
'13/6/5
Radeon HD 8670D
384sp844MHz
A10-
6700
4-core
2-module
3.70GHz
TC 4.30GHz
L2=2MB x265W2ch DDR3
-1866
'13/6/5
Radeon HD 8670D
384sp844MHz
A10-
5700
4-core
2-module
3.40GHz
TC 4.00GHz
L2=2MB x265W2ch DDR3
-1866
'12/10/2
Radeon HD 7660D
384sp760MHz


その他のPCのスペックは以下の通り。

  ・メモリ:SanMax SMD-32G28CP-18M-Q (DDR3-1866 8GB×4, Micron)
  ・SSD:IO DATA SSDN-3T240B
  ・OS:Windows 8 Pro 64-bit
  ・ドライバ:Catalyst 13.6 Beta 2

まずCPU系のベンチマークの結果から掲載する。

A10-5700A10-6700A10-6800K
CineBench
R11.5
OpenGL35.2634.4636.62
CPU2.933.293.51
Fritz Chess
Benchmark
Relative speed12.8914.4815.05
kilo node per second618869507224
Sandra
Processor
Dhrystone Integar (GIPS)47.0051.9254.77
Whetstone FP64, (GFlops)31.8335.5638.23
Sandra
Multimedia
整数 x16 AVX
(Mpixel/sec)
129.00142.00152.49
浮動小数/倍精度 x8 FMA3
(Mpixel/sec)
64.3771.8077.44
PCMark 7394140694138


3種類とも同じ“Piledriver”系のコアであり、コア数も同じであるため、ほぼ周波数に沿って綺麗にスコアが並ぶ形となった。CineBench R11.5のOpenGLのみA10-5700>A10-6700という逆転現象が起きているが、この原因は不明である。Turbo Coreの挙動の変化やドライバの成熟度合いが要素としてあげられうるだろうか。

次にGPU系のベンチマークを示す。

A10-5700A10-6700A10-6800K
3DMark11PerformanceP1458P1559P1559
Graphics score133814321429
Physcs score347537884004
Combined score121912811270
3DMark
Vantage
PerformanceP5341P5699P5771
Graphics score467749574990
CPU score467749574990
FF XIV benchmark, 1920x1080 最高設定125413051306
DQX benchmark, 1920x1080 最高設定259126692694


こちらに関しても3種類のAPUのiGPUが同じVLIW 4系となるため、純粋に周波数の違いによる差となるだろうか。
ちなみに最後のDQX benchmark―「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」ベンチマークは6月22日に公開されたばかりのベンチマークである。流石にFull HD/最高設定ともなると比較的強力なiGPUを搭載する“Trinity / Richland”といえども重荷になってくるようであるが、解像度を落とせば5000程度のスコアが出てくるようで、そこそこ快適に動いてしまうようだ。

(参考)
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(4Gamer.net)

A10-5700A10-6700A10-6800K
消費電力Idle48W50W47W
Load (Prime 95)118W129W155W


最後に消費電力である。Idle時は3種類ともほとんど変わらない。Load時はTDP100WのA10-6800Kが頭一つ飛び抜けるが、同じTDP65WのA10-5700とA10-6700でも11Wの差でA10-6700の方が消費電力が多くなっている。

以上“Trinity”と“Richland”の比較をA10-6800K, A10-6700, A10-5700を使用して行った。何かの参考にでもして頂ければ幸いである。

またこのような貴重な機会を与えてくださった日本AMD様にはこの場をかりて厚く御礼を申し上げます。



コメント
この記事へのコメント
137235 
6700の対応メモリって2133ってなってるけど1866では?
2013/06/24(Mon) 02:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137240 
個人的にはTDP65Wと100W製品を同じコア電圧とクロックに設定した時の比較が見たかったり。
65W版と100W版の違いが単にコア電圧を下げただけのものなのか内部インピーダンス自体に違いがある物なのか。
比較検証疲れ様でした。
2013/06/24(Mon) 09:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137241 
性能は順当にアップですね。
しかし、A10-5700から変える理由がないのも事実…。
2013/06/24(Mon) 09:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137242 
軽いネトゲなら十分だがそれ以上はやっぱりdGPUが必要になるねえ
2013/06/24(Mon) 11:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137243 
クロック上昇分だけ性能伸びて消費電力も増したと
1ランクUPしたけど置き換えでなく価格が4000円~UPしたのでは戴けない
2013/06/24(Mon) 14:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137245 
実に順当な感じですね
2013/06/24(Mon) 16:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137247 
>背面のポートを見たものだ。
に笑ってしまった

で、北森瓦版読者プレゼントはまだかね?
2013/06/24(Mon) 17:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137251 
>137243 
クロック上昇分だけ性能伸びて、
消費電力は押さえました
なら速攻で飛びついていたんだけどな

やはり最後に物を言うのはプロセス技術か
2013/06/24(Mon) 19:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137260 
内蔵GPUを使わない場合のA10-6700とA10-6800Kの消費電力の違いが分ると良いのですが。
そもそも遅いVRAM使わされる内蔵ビデオに性能求めても仕方ないですし。
2013/06/24(Mon) 23:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137264 
私も電圧&クロックを A10-6700 相当に落とした
A10-6800K の消費電力が気になります。
2013/06/25(Tue) 00:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137280 
137260
その考えはAMDが目指すIntelとの差別化を図るAPUの根本否定なんですけど。
FXやIntelの方だけ気にして、APUなんか無視でいいんじゃ?

137264
電圧&クロックを同一にしたら結果はほぼ同じだと思う。
6800Kと6700の電圧&クロック以外の違いは対応メモリとコアアンロックだけなので。

6800Kが低電圧でどこまで動くか?には興味があるけど…

良くも悪くも今回のRichlandは、純粋にTrinityからのクロックアップ製品。
GPUをリネーム&クロックアップして対応メモリを最上位だけランクアップさせた物。

でもAMDが最初に言ってた通り、ブルアーキは廻してナンボって事なのだから
確実に進歩はしてるって事ですな。
ただ購入側からしてみれば、Kaveriまでの繋ぎと解ってっても
何かしらの目新しさがほしかったと思ってる人は結構いると思う。
2013/06/25(Tue) 10:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137289 
どっちかと言うと、俺は5800Kを6800Kと同じ電圧、同じクロックで回した時の消費電力とかベンチマークスコアが知りたい
それで5800Kの消費電力が6800Kを超えるようならありだと思うんだけど、どうなんだろう
2013/06/25(Tue) 16:34 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
137290 
Iris「eDRAMまで載せたのにDDR3使用の内蔵グラに対して優位性を示せない割に見合わない結果だしてごめんね…」
2013/06/25(Tue) 20:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137291 
137280

違うと思うよ
5800KをDC降圧しても5700にはならないよ
2013/06/25(Tue) 21:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137312 
いまゲーム用に5700(予備5800K)+HD7770なPCを使ってるんだけど、
6700や6800Kに載せかえるメリットが価格差ほどあるかで買い替えを悩んでる

メモリは2400まで対応してるけど、6800Kの消費電力見た感じだと悩みが増して困る
2013/06/26(Wed) 16:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
137321 
137312
性能微増でメリットは無いよ
llano以前からのアップグレード向けだからね
年末年始のkaveriまで待ったほうがいいかな
2013/06/26(Wed) 23:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6897-42ea2fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック