北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Specifications of upcoming Celeron and Core i5 Ivy Bridge CPUs(CPU World)

Intelはメインストリーム向けおよりその下のローエンド向けのデスクトップCPUをこの2ヶ月以内に投入する。ここでは“Haswell”への移行が推進されるが、LGA1155対応の“IvyBridge”コアの製品もいくらか投入される。最近リークしたIntelの資料によると、9月に登場する“IvyBridge”は4種類で、Core i5 3340, i5 3340S, Celeron G1630, G1620Tが予定されている。そして今回これらCPUのスペックが明らかになった。
 
Celeron G1630とG1620Tはそれぞれ現行のCeleron G1620, G1610Tの高速版で、CPU周波数が100MHz上昇している。すなわちCeleron G1630の周波数は2.80GHz、Celeron G1620Tの周波数は2.40GHzとなる。TDPはG1630が55W、G1620Tが35Wである。この他のスペックは今までのCeleronと変わらず、コア・スレッド数は2-core/2-thread、L3キャッシュは2MB、iGPUはHD graphics、対応メモリはDDR3-1333である。

Core i5 3340とi5 3340SはそれぞれCore i5 3330とi5 3330Sの周波数を引き上げたものである。Core i5 3340は3.10GHz/TB 3.30GHz、i5 3340Sは2.80GHz/TB 3.30GHzとなる。いずれもL3=6MBで、iGPUはHD 2500を搭載する。メモリはDDR3-1600まで対応する。またAES命令やVT-dなどCore i5がサポートするAdvanced featureにも対応している。

以下にスペックをまとめます。

Core i5, Celeron(IvyBridge / 22nm / LGA1155)
コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
EU数GPU周波数
Core i5
3340
4-core
4-thread
3.10GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
77W2ch
DDR3-1600
'13/9/1
HD graphics 2500
6650MHz
TB 1050MHz
Core i5
3340S
4-core
4-thread
2.80GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
65W2ch
DDR3-1600
'13/9/1
HD graphics 2500
6650MHz
TB 1050MHz
Celeron
G1630
2-core
2-thread
2.80GHz
L2=256kB x2
L3=2MB
55W2ch
DDR3-1333
'13/9/1
HD graphics
6650MHz
TB 1050MHz
Celeron
G1620T
2-core
2-thread
2.40GHz
L2=256kB x2
L3=2MB
35W2ch
DDR3-1333
'13/9/1
HD graphics
6650MHz
TB 1050MHz


Core i5のAdvanced featureはモデルによって対応状況が異なるため、Core i5 3340/i5 3340Sを考えている場合は登場後Intel ARKなどで確認する必要があるでしょう。例えばCore i5 3470ではVT-d, TXTを含む全てに対応していますが、その下のCore i5 3450ではVT-d, TXTの対応が削られます。しかしさらに下に位置するはずのCore i5 3330ではVT-dの対応が再び加わります(TXTは未対応)。今回の情報では「i5 3340はVT-d, AES-NIを含むAdvanced featureに対応する~」と記載があり、i5 3330と同じ対応状況になるのではないかと推測されます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/6940-cbf6eef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック