北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Launches Never Settle Forever: Choose Your Own Game Bundles(PC Perspective)
AMD releases ‘Never Settle Forever’ bundle(VR-Zone)
Never Settle Forever promo lets Radeon buyers pick games(The Tech Report)
AMD Launches Never Settle Forever Bundle(Bright Side Of News)
AMD Never Settle Forever Gaming Bundle Detailed(techPowerUp!)
AMD details Never Settle Forever bundle(bit-tech.net)
Radeonを買うと,年末商戦期に登場するビッグタイトルが無料でもらえる!? AMD,新しい販促キャンペーンを世界市場向けに発表(4Gamer.net)

AMDは昨年10月よりRadeonグラフィックカードにゲームタイトルをバンドルする“Never Settle”キャンペーンを開始した。そして8月14日、AMDは“Never Settle Forever”を開始した。この“Never Settle Forever”のポイントは選択できることである。“Never Settle Forever”ではリストにあるゲームからいくつかを選択できるようになっている。
 
選択できるゲームの数は1~3タイトルであり、選べるゲームのタイトルと数は購入したRadeonグラフィックカードの種類によって異なる。例えば“Tomb Raider”は最上位のGold Tierでしかラインナップされていない。

“Never Settle Forever”では上からGold Tier, Silver Tier, Bronze Tierに区分され、選択できるゲームの数はGold Tierが3タイトル、Silver Tierが2タイトル、Bronze Tierは1タイトルとなる。RadeonグラフィックカードとこれらのTierの対応であるがRadeon HD 7970, 7950がGold Tier、Radeon HD 7800 sereisがSilver Tier、Radeon HD 7790, 7770がBronze Tierとなる。Radeon HD 7990が含まれていないが、Radeon HD 7990では別に8種類のゲームタイトルがバンドルされるため、今回のキャンペーンには含まれていないのだろう。

“Never Settle Forever”の対象となるRadeonグラフィクカードを購入したら、AMDのRadeon Rewards webサイトまたはRademption portalからコードを取得する必要がある。コードを取得し登録を行ったらTierに応じてゲームを選ぶことができる。

“Never Settle Forever”ではゲームを選択できるのが最大のポイントとなります。例えばRadeon HD 7970, 7950で該当するGold Tierでは9種類のゲームから3タイトルを選択できます。同様にRadeon HD 7800 seriesのSilver Tierでは8種類から2タイトルを、Radeon HD 7790, 7750のBronze Tierでは76種類から1タイトルを選択することになります。

これにはいくつか注意点もあります。まずコードの登録期限は2013年12月31日までとなります。またゲームが選択できるのは1回だけです。複数タイトルが選択できるGold TierやSilver Tierでも欲しいタイトルは1回のうちに決定しなくてはなりません(最初に1タイトル選んで後から残りのタイトルを選ぶということはできない)。

昨年10月から始まったNever Settleですが、あと2ヶ月ほどで1周年を迎えることになります。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
138960 
ゲームばらまくのも良いけど世の中からNVでしか使えないPhysxを排除してHavokやBulletみたいなCPUで回せるものに置き換える事にも注力して欲しい
2013/08/15(Thu) 10:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
138963 
Forever(2013年12月31日まで)
2013/08/15(Thu) 11:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
138971 
このところAMDスレ連続するね
元気いっぱいAMD!
2013/08/15(Thu) 17:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
138979 
なんだかんだでPhysxコンスタントに新作でますね
Forever
2013/08/15(Thu) 21:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139004 
>>138960
CPUでは負荷が高すぎて、現実的には物理演算が不可能。
だからこそPPUが出てきて、それがGPGPUでやるようになってきている現状を正しく理解していないように見受けられます。

それぞれのライブラリの使いやすさ、物理演算の精度、出来ることの幅、
それらの選択肢を鑑みてPhysXが頭一つ抜けているのはさすが元祖というところでしょうか。
ほかのライブラリにももっと頑張って貰わないと現状打破は難しいかもしれませんね。
2013/08/16(Fri) 11:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139005 
とはいえPhysxに市場の牽引力があるわけではないし
放っておいたらなるようになるでしょう
2013/08/16(Fri) 12:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139022 
問題はその中に遊びたいゲームがないことだ
2013/08/16(Fri) 21:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139032 
単にnvidiaが金やツールを提供して強力にプッシュしているからだな
出きる事や精度的なものは大して変わらんよ
まあ、ツールの出来が一歩先んじてるのはあるけど、シェアに響くほどあるわけでもない
2013/08/17(Sat) 16:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139036 
HavokやBulletではなおさら遊びたいゲームがないから、ここはPhysXの勝ちってことで。
2013/08/17(Sat) 19:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139041 
>だからこそPPUが出てきて、それがGPGPUでやるようになってきている現状を正しく理解していないように見受けられます。

PPUが出てきた当時はCPUの性能が低くてだめだったけど、現行CPUだと性能は十分だという話もありますけどね。
PhysXのCPU向けは「わざとスピードが出ないように作られている」ってのも有名な話かと。
2013/08/18(Sun) 15:43 | URL | LGA774 #HfMzn2gY[ 編集]
139043 
遊びたくなくても1~3年末まで選んでHDDの肥やしにしてください。
2013/08/18(Sun) 20:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139045 
PPUが出た当時ではCPUとは60倍以上、高速だった。
今はどうかな。

ただもうPPU以上にGEFORCEも速くなっているはず。
あとオブジェクトが増えると更にCPUは不利で差が開く。
程度によってはCPUだけで可能なのは確か。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050318/ageia.htm

あとRADEONでのBulletはどうなっているのだろうか?
2013/08/19(Mon) 03:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
139065 
>PPUが出た当時ではCPUとは60倍以上、高速だった。
>今はどうかな。

一時期、GPUで処理するよりもCPUで処理したほうがスコアが高くなったときがあった。
その結果が出た後、わざわざ遅くなるとわかっているx87命令セットを使うように変更されたんだったかな。

あと、RadeonでもPhysX使えるようにって海外の有志がドライバパッチ開発したら、
Radeonのほうが高速処理できたって話が出てきて期待されてたんだけど、
圧力かかって開発中止になったんだっけか。
2013/08/20(Tue) 10:56 | URL | LGA774 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/7005-0e2100d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック