北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Xeon E7 SKUs to launch in Q1 2014(CPU World)

今月初めにCPU Worldでは2014年第1四半期に予定されている“IvyBridge-EX”―Xeon E7 x800 v2 seriesの詳細をお伝えした。Xeon E7 x800 v2 seriesは2-way, 4-way, 8-wayシステムに対応し、それぞれXeon E7-2800 v2, E7-4800 v2, E7-8800 v2と命名される。これらは“IvyBridge”アーキテクチャを使用し、最大コア数は15、L3キャッシュは最大37.5MBとなる。そして物理メモリもより大容量をサポートできる。インターフェースはDMI 2.0とPCI-Express 3.0を備える。
IntelはXeon E7 x800 v2 seriesとして、通常版と周波数最適化版を合計で19種類、低消費電力版を2種類予定している。


まず、ベーシックモデルとしてはXeon E7-4809 v2が用意される。これはXeon E7-2803, E7-4807の置き換えとなる。
スタンダード版はXeon E7-2850 v2, E7-4820 v2, E7-4830 v2, E7-4850 v2, E7-8850 v2が用意され、置き換え対象はXeon E7-x820, E7-x830, E7-x840となる。
 
この上のXeon E7-x850, E7-x860, E7-x870を置き換える上位版はXeon E7-2870 v2, E7-2880 v2, E7-2890 v2, E7-4860 v2, E7-4870 v2, E7-4880 v2, E7-4890 v2, E7-8870 v2, E7-8880 v2, E7-8890 v2となる。
用途最適化したモデルとしてはXeon E7-8857 v2,- E7-8880L v2, E7-8891 v2, E7-8893 v2があり、さらに超高密度サーバー向けにはXeon E7-8888L v2が用意される。
これらのスペックについては残念ながらわかっていない。


リリースは2014年第1四半期で、Intel C602JチップセットとC102/C104 SMB (Scalable memory buffers) を搭載したプラットフォームで動作する。

以下にラインナップをまとめます。

Xeon E7-2800 v2
2-way
Xeon E7-4800 v2
4-way
Xeon E7-8800 v2
8-way
AdvanvedE7-2870 v2, E7-2880 v2, E7-2890 v2E7-4860 v2, E7-4870 v2, E7-4880 v2, E7-4890 v2E7-8870 v2, E7-8880 v2, E7-8890 v2
StandardE7-2850 v2E7-4820 v2, E7-4830 v2, E7-4850 v2E7-8850 v2
BasicE7-4809 v2
OptimizedE7-8857 v2, E7-8891 v2, E7-8893 v2
Low PowerE7-8880L v2
Ultra denseE7-8888L v2


コア数は最大15、L3キャッシュ容量は最大37.5MBとなります。なお現時点では周波数や個々のモデルのコア数は不明です。

(過去の関連エントリー)
“IvyBridge-EX”の詳細が一部明らかに(2013年10月1日)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/7160-898b6e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック