北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD talks Hierofalcon, coming in 2H 2014(Fudzilla)
ARM datacentre processor from AMD(Electronics Weekly.com)

AMDの最初のARM製品は2014年に登場する。AMDがコンシューマ向けARM SoC市場にも参入するのではないかという噂は根強いが、最初に登場するAMDのARM製品はデータセンター・ネットワーク向けである。

AMDの最初のARM製品―“Hierofalcon”は4または8の64-bit Cortex-A57コアを搭載する。周波数は最大2.00GHz、TDPは15~30Wとなる。
 
AMDの組み込み部門製品管理部のDirectorであるKamal Khouri氏はこう語る。
「ARMは電力効率に優れるが遅いというのはよくある誤解だ。そして“Hierofalcon”も当然電力効率に優れるが遅いということはない。“Hierofalcon”は真に高性能なSoCで、ARMの64-bitアーキテクチャの優位性を生かしたものだ」


“Hierofalcon”は28nmプロセスで製造され、10Gbit EthrenetやPCI-Express 3.0を搭載する。つまりデータセンターには最適なものとなる。AMDは既にデータセンター向けのサーバー事業を行っているが、“Hierofalcon”はさらにストレージ部門やネットワークにも充当される。

“Hierofalcon”は組み込み向けの64-bit ARMベースの製品として予定されているもので、9月に組み込み向け製品のロードマップが発表された際にその名が出てきています。今回の情報は9月のロードマップにおおむね沿ったもので、2014年下半期という登場時期も9月の情報と変わりありません。

(過去の関連エントリー)
AMD 組み込み向け製品のロードマップを明らかに(2013年9月11日)

コメント
この記事へのコメント
140695 
えらくノンビリした話ですね。
2013年内にもサンプル位でると思ってました。

>“Hierofalcon”は4または8の64-bit Cortex-A57コアを搭載する。周波数は最大2.00GHz、TDPは15~30Wとなる。
このTDPだとATOMに負けないのかな?10G Ethernetも含めてだからいいのかなぁ。
2013/10/22(Tue) 08:27 | URL | _ #-[ 編集]
140696 
10GbEはいらんから3万くらいまででこれのオンボMini-ITXサーバーボードとか出してくれないかな
エンジニアに個人で買って遊んでもらって知名度確保とかOSSの対応促すとかの名目で
AMD余裕無いから無理か…
2013/10/22(Tue) 09:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
140698 
用途が違うとはいえNVIDIA以上にARMっぽくないのを出すんだなぁ…
2013/10/22(Tue) 09:52 | URL | LGA774 #EnGitwzo[ 編集]
140702 
>ARMは電力効率に優れるが遅いというのはよくある誤解だ。
「Hierofalcon 8コア2.00GHz(TDP30W)よりSilvermont 8コア2.4GHz(TDP20W)の方が速いから電力効率に優れるというのは誤解だ。」
という意味だと思ってしまったw
実際の所SilvermontはPCI-Express3.0とか10GbitLANは無いし、22nmプロセス製造だから消費電力が低くて当たり前なんだが。
2013/10/22(Tue) 15:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/7161-775b271b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック