北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel releases Celeron N2830, more Bay Trail-M chips are on the way(CPU World)

Intelは2週間前、デスクトップおよびノートPC向けの“BayTrail”SoC製品を多数打ち切るとすることを決定した。これら“BayTrail”は昨年9月に登場し、Out-of-orderマイクロアーキテクチャやコア数の増加、周波数の向上、新型GPUの採用など数々の改良が行われた製品であった。

“BayTrail”は9月にローンチされた後、11月に第2弾が登場しており、第2弾ではBurst technologyが有効化されている。しかしここまでに登場した“BayTrail-M / -D”の多くがこの数ヶ月のうちに引退することになる。引退の理由として、Intelは「市場の要求が他の製品に移ったため」と述べている。そしてこの「他の製品」というのが今度登場するC0 steppingのコアを使用した新SKUであろう。C0 steppingではUSB周りの問題がいくつか解決されている。

解決されるUSBというの問題は以下の通りです。
 
  • D3復帰後のUSB 3.0の堅牢性向上
  • USB 2.0においてより大電流の充電機能をサポート
  • 高負荷となる状況を減じるためのUSB 2.0リファレンス周波数の向上


C0 steppingとして最初に登場するSoCの1つがCeleron N2830である。Celeron N2830は2-coreでL2=1MB、周波数は定格2.16GHz / Boost 2.32GHzである。価格は$107となる。
Celeron N2830は既にPrice listに掲載されているが、別の資料ではCeleron N2807, N2930そしてPentium N3530の名が記されている。


Celeron N2807は2-core / L2=1MBで、周波数は定格1.58GHz / Boost 2.17GHzである。
Celeron N2930とPentium N3530は4-coreで、2MBのL2キャッシュを搭載する。周波数はCeleron N2930が定格1.83GHz / Boost 2.17GHz、Pentium N3530が定格2.17GH / Boost 2.58GHzである。どちらもBoost時の周波数が170MHz引き上げられている。


以下にスペックをまとめます。

Pentium, Celeron(BayTrail-M / 22nm / Mobile)
コア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
キャッシュSDP
TDP
対応メモリ
GPU
EU数GPU周波数
Pentium
N3530
4-core
4-thread
2.17GHz
TB 2.58GHz
LLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1333
C0 stepping
HD graphics
4***MHz
Pentium
N3520
4-core
4-thread
2.16GHz
TB 2.42GHz
LLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1333
'13/11/9
$161
HD graphics
4854MHz
Pentium
N3510
4-core
4-thread
2.00GHzLLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1333
'13/9
HD graphics
4750MHz
Celeron
N2930
4-core
4-thread
1.83GHz
TB 2.17GHz
LLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
C0 stepping
HD graphics
4***MHz
Celeron
N2920
4-core
4-thread
1.86GHz
TB 2.00GHz
LLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
'13/11/9
$107
HD graphics
4844MHz
Celeron
N2910
4-core
4-thread
1.60GHzLLC=2MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
1066
'13/9
HD graphics
4756MHz
Celeron
N2830
2-core
2-thread
2.17GHz
TB 2.42GHz
LLC=1MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
$107
C0 stepping
HD graphics
4***MHz
Celeron
N2820
2-core
2-thread
2.13GHz
TB 2.39GHz
LLC=1MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
'13/11/9
$107
HD graphics
4756MHz
Celeron
N2815
2-core
2-thread
1.86GHz
TB 2.13GHz
LLC=1MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
'13Q4
$107
HD graphics
4756MHz
Celeron
N2810
2-core
2-thread
2.00GHzLLC=1MBSDP4.5W
TDP7.5W
DDR3L
-1066
'13/9
HD graphics
4756MHz
Celeron
N2807
2-core
2-thread
1.58GHz
TB 2.17GHz
LLC=1MBSDP2.5W
TDP4.5W
DDR3L
-1066
C0 stepping
HD graphics
4***MHz
Celeron
N2806
2-core
2-thread
1.60GHz
TB 2.00GHz
LLC=1MBSDP2.5W
TDP4.5W
DDR3L
-1066
'13/11/9
$107
HD graphics
4756MHz
Celeron
N2805
2-core
2-thread
1.46GHzLLC=1MBSDP2.5W
TDP4.3W
DDR3L
-1066
'13/9
HD graphics
4667MHz


数字で見られるスペックにおいてはCPUのTurbo時周波数の向上程度にとどまりますが、本文にもあるとおり、C0 steppingではUSB周りの改善が行われています。
“BayTrail-M”は少し前に現行モデル全ての打ち切りが明らかにされましたが、打ち切られる現行モデルの代わりにこのC0 steppingの新モデルが投入されることになるようです。


コメント
この記事へのコメント
143028 
定格が微妙に下がったりターボも含めて0.01~0.04上がったり
わかりにくさには定評のあるintelだけど
いつも以上にわかりにくい

NUCはN2830に置き換わるのかな
もういっそ4コア行ってほしいけど
2014/02/24(Mon) 22:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
143032 
C0ステッピングのモデルもディスコンしておいて、また新しく登場させる意味が不明
2014/02/25(Tue) 18:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/7400-dcd673c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック