北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
(初出:2014年11月4日23時25分)
Intel Skylake-S Processors Delayed to September/October 2015(WCCF Tech)

“Skylake-S”は2015年6~7月の時期に登場すると言われていた。しかし、WCCF Techで得た様々な情報によると、“Skylake-S”のローンチは2015年9~10月となるようである。つまり、“Skylake-S”の登場までおおよそ1年ほどあることになる。

“Skylake-S”は2015年第37週(9月7日~13日)47週(11月16日~22日)に登場する。
では何故遅れたのかという話になる。その1つとして“Broadwell”が2014年に姿を表さなかったというのがある。こうなるとIntelとしては“Skylake”を急いで登場させる理由もない。“Broadwell-K”が2015年初めのどこかで登場し、“Skylake”が6~7月に登場することになるとマーケティングの面ではそれ程良い手ではない。さらに、“Broadwell”のライフサイクルが成熟するまでの間に
(“Skylake”を急がなければならないような)競合製品がローンチされる見込みもなさそうである。
 
今回の情報の大元となっているのはリークしたIntelのスライド資料で、ここに“Skylake-S”のRTMについての記載があった。RTMはこの時期にProcessor製品の出荷準備を整えるという段階である。そしてこのProcessorの出荷準備が整う時期が2015年第37週から47週にかけての時期―つまり8月末から10月末の時期となり、基本的には9~10月とみて差し支えないだろう。

機械的に第37週から47週の時期を算出すると9月7~13日の週から11月16~22日の週になり、WCCF Techの示す時期と若干ズレがあります。
今回の情報の大筋は“Skylake-S”が今まで言われていた2015年中盤よりも若干遅い時期になるというものです。その理由として“Broadwell”のもたつきと競合の不在が上げられています。確かに“Broadwell”を投入し、半年もたたないうちに“Skylake”が登場するというのはずいぶんと慌ただしいものです。

“Skylake”の次はいよいよ10nmプロセスの世代(“Cannonlake”?)になりますが、これの話は今のところほとんど出てきていません。これの進捗如何によっては“Skylake”が2016年に下げられる、という展開もひょっとしたらなくはないのかもしれません(“Broadwell”をスキマにしていらない子扱いにしまうよりはいいような気もしなくもない。かつての“Dempsey”がまさにこの扱いだった(“Dempsey”(Xeon 5000)が出た後、ほとんど間を置かず次の“Woodcrest”(Xeon 5100)が登場。“Dempsey”はすっかり影が薄くなってしまった)。なお、当然のことながら“Skylake”が2016年になるとか10nmプロセスが遅れるという話は今のところ出てきていない。そもそもこの情報自体WCCF Tech発で信頼性はお察しである)。



(追記:2014年11月5日23時37分)
Digitimes Research: Skylake processor delay to weaken Windows 10 notebook demand(DigiTimes)

Intelの“Skylake”は当初2015年第3四半期初めにローンチされ、同時期に登場するWindows 10搭載ノートPCに搭載される予定だった。しかし、“Skylake”は2015年第3四半期末から第4四半期初めの時期に先送りされるようである。この遅れによりWindows 10ノートPCの需要にも悪影響が出るのではないかという見方が出ている。

“Skylake”は“Broadwell”の次のCPUプラットフォームである。“Broadwell”のメインストリーム向けは2015年1月上旬まで登場しないため、Intelは“Skylake”のReady to Market (RTM) のスケジュールを先送りし、“Skylake”がメインストリーム向け“Broadwell”搭載ノートPCのライフサイクルに影響を及ぼすことを避けたようである。

Intelは“Skylake”のRTMを2015年第37~47週(8月末から10月末)に設定している。もしこの計画に変更がなければ、“Skylake”を搭載したノートPCが市場に出回るのは最速で9月末となる。

DigiTimesにもよく似た話が掲載されていますが、こちらはノートPC向けの話で、デスクトップ向けの“Skylake-S”には一切触れていません。先に掲載したWCCF Techの話がどこから出てきたものかを確認することは困難ですが、もしこのDigiTimesの話が発端だとすると、WCCF Techがデスクトップ向けの“Skylake-S”にまで話を拡大してしまった可能性が否定できません。


コメント
この記事へのコメント
146051 
だってばよ
2014/11/04(Tue) 23:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146057 
やはりか‥。つか年末まで延ばした挙げ句、不具合残してリリースしそうな予感。博打になる位なら今の内にhaswellか?
2014/11/05(Wed) 08:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146059 
倍率ロックフリー版は2016年だし正直どうでもいいわ
2014/11/05(Wed) 08:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146061 
最初から分かっていたことで、何を今更感。
2014/11/05(Wed) 10:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146063 
>そもそもこの情報自体WCCF Tech発で信頼性はお察し
友達の友達の知り合いの話、みたいな感じか…
2014/11/05(Wed) 11:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146064 
そんなこったろうと思ったよ
2014/11/05(Wed) 15:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146066 
やだってばよ
2014/11/05(Wed) 15:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146067 
AMDがだらしねぇからIntel手抜きまくりだな。
2014/11/05(Wed) 17:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146079 
>>146067
他社を引き合いに出さねば自社の技術的な見通しの甘さを弁解できないほど
intelの落ち目が露呈しているとは思いたくないが…

まぁPCもハイエンド鯖も売れなくなるしスマホには採用されないし
それでも予定通り製品出さないと株主が黙ってないしで
今は中の人も大変だろう
2014/11/06(Thu) 06:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146080 
Zen前倒しした上でIntelを焦らせる性能じゃないとこのままだろうなあ
2014/11/06(Thu) 07:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146083 
GPUがMaxwellになったりしないかなー

マッスルドッキング的な発想で、、、
2014/11/06(Thu) 10:01 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146086 
>146079
14nmが腐ってるのは全部Intelの責任だよね
おかげでAtomのシュリンクが遅れてタダでばら撒かないとARM勢と戦えず、
モバイル事業部は利益の3分の1を食い潰してる有様だし

こんな言い訳しないとやってられないとか、Intelも随分だらしなくなったもんだ
パラノイアが聞いて呆れるわ
2014/11/06(Thu) 11:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146090 
Skylake出るまではCore Mの強化とマイナーなモデルチェンジに費やすのかな
2014/11/06(Thu) 22:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146093 
他が追随できてないから次の次が見えないのに好きこのんで金ドブで技術革新をせっつかなくても困らないがintelのせいでintelが迷惑してる、
ってよくわからん
2014/11/07(Fri) 03:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146095 
>146093
一文に詰め込みすぎて、何言ってるのかよくわからん
2014/11/07(Fri) 12:20 | URL | LGA774 #YTqdC3Zk[ 編集]
146096 
無意味な性能競争もそうだけど、プロセスルールのシュリンクも
今以上を頑張りまくる意味があるのか気になる。単純にコスト
ダウンが言える時代は過ぎたんだし。
本当に集積度が一杯々々なのかとか、疑問がなくもない。
2014/11/07(Fri) 13:45 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146097 
微細化で追いつかれたら終わりだろ
2014/11/07(Fri) 14:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146098 
もう何が何だかわからない…
2014/11/07(Fri) 16:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146101 
>146095
三行を求められる場所に長く居すぎて
おかしくなっちまったんだろ
そっとしといてやれよ
2014/11/08(Sat) 03:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146106 
146097>
追いつかれるまで2年以上はかかるから、1年位休んで自社の
ハイエンドやなんかを追いつかせてもいいんじゃないかって、、、
2014/11/08(Sat) 08:12 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146109 
もうBroadwellキャンセルしちゃいなよー
2014/11/08(Sat) 09:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
146113 
     Transistor 面積 Trans./mm^2
Richland 1303000000 246 5296748
Kaveri  2410000000 245 9836735
Haswell 1400000000 177 7909605
単純計算だけど、Haswellの密度がかなり緩く見えるのは
そんなには気のせいじゃ無いと思う、、、
BroadwellでシュリンクしなくてもKaveri位の集積度にしたら、速度は上がりそうな、、、
2014/11/08(Sat) 14:19 | URL | 木津健介 #-[ 編集]
146115 
現状のハイエンドデスクトップとメインストリームデスクトップの発売時期の差を縮めるために、次世代アーキテクチャを遅らせるのはありだと思う。
Ivy-Eに至っては、Haswellの後でコア数据え置きでがっかりだったし、Broadwell-Eも今の所、Skylakeより後になるみたいだし。
2014/11/08(Sat) 16:32 | URL | LGA774 #lhVcev2I[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/7827-6e52b1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック