北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Also Quietly Launches the Radeon R9 370X, Sapphire Gives it Vapor-X Treatment(techPowerUp!)
AMD quietly launches Radeon R9 370X(Fudzilla)
AMD Launches the Radeon R9 370X in China [Updated] – Features the Trinidad XT Core, R9 270X Rebadged(WCCF Tech)

Radeon R9 NanoとともにAMDはRadeon R9 370Xをひっそりとローンチした。このRadeon R9 370Xは$200未満の市場でGeForce GTX 960とGTX 950への対抗となる製品である。
 
“370”という数字が示すとおり、“Pitcairn”をベースとした製品となります。先に投入されたRadeon R7 370がStreamProcessor 1024 / TMU 64 / ROP 32であったのに対し、Radeon R9 370XはStreamProcessor 1280 / TMU 80 / ROP 32で“Pitcairn”のフルスペック仕様となり、搭載するメモリはGDDR5 2GBまたは4GBとなります。

リファレンスの周波数については明記されていませんが、Radeon R9 370Xを搭載する製品としてSapphireの“Vaper-X R9 370X”のスペックが紹介されており、コア周波数は最大1200MHz、メモリ周波数は1400MHz(5600MHz)となります。PCI-Express電源コネクタは6-pin×2、ディスプレイ出力はDVI×2, HDMI, DisplayPortとなります。
ただし、この“Vaper-X R9 370X”はおそらくはオーバークロック仕様のカードとみられ、コア周波数やメモリ周波数、PCI-Express電源コネクタの仕様はリファレンスと異なる可能性があります。

Radeon R9 370Xを一言で言ってしまうとRadeon R9 270Xをリブランドしたものとなります。またこのRadeon R9 370Xは中国市場向けとなる模様で、国内に出回る可能性は極めて低そうです(ひょっとしたら並行輸入があるかもしれないが、結局の所旧世代のリブランドのカードでしかないためそこまでして求める人は多くはないだろう)。


コメント
この記事へのコメント
149791 
HD7870系はDX12の普及スピード次第ではまだまだ
ミドルの第一線でやっていけると思うんだがなぁ。
メモリ4GB、バス幅256bit、2万円台、GCNコアで
DX12に高いレベルで対応と申し分ない。
2015/08/31(Mon) 23:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/8251-0f2bdce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック