北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Radeon 400 series leaks and rumors(VideoCardz)

Twitter上でこんなやりとりがあったようです。

「Radeon R7 M460? いつ新しいSKUが登場するか何かヒントをくれないか?」
Robert Hallock氏「“Polaris”は今年中盤だ」
 
Mobile向けのRadeoon M400 seriesについてはRadeon R7 M460とRadeon R5 M430がLenovoのノートPCにその名が掲載されており、登場は4月と見込まれていますが、おそらくこれらは既存コアのリブランドでしょう。

本命の“Polaris”はRobert Hallock氏が言うように今年中盤となるのでしょう。

その“Polaris”ですが、先日のProject Fのリークでは“Polaris 11”のダイサイズが232mm2である可能性が示唆されました。そして“Polaris”のトランジスタ数が86億であることをほのめかす情報も流れているようです。
86億を14nmFinFETプロセスで232mm2に収められるか、という問題となりますが、トランジスタ数89億の“Fiji”がその考察の一助となります。“Fiji”は28nmでダイサイズは596mm2です。86億トランジスタを232mm2に収めた場合、“Fiji”のトランジスタ密度の約2.48倍となります。GlobalFoundries/Sumsungの14nmLPPのバックエンドは20nmのものであることは留意しなければいけないため、2.48倍という数字はかなり微妙な数字です(出来そうにも思えるが多すぎるようにも思える)。

とはいえ、14nmで232mm2という規模であれば少なくとも“Polaris 11”は“Hawaii”以上“Fiji”未満の性能ものは確実に来そうであり、楽しみではあります(“Hawaii”以上“Fiji”未満の性能のGPUが6-pin×1で動作するとかなったら胸が熱いな!)。


コメント
この記事へのコメント
151520 
NVはGP104で前世代ハイエンドの30%上あたりを例のように取りに来るんだろうけど
AMDは6pin1本をいきなりターゲットにするのかな
そうするとすぐにGP106を出さなきゃいけない展開になる感じか
2016/02/28(Sun) 09:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151521 
14nmと16nmは同じ20nmだと言いつつも
集積度は14nmの方が高くなるらしいので
ありうるのかもしれんよ
2016/02/28(Sun) 11:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
151524 
モバイル用RADEONはここ3~4世代位グダグダすぎ。
せっかくAPUっていう強みがあるんだからもうちょっと本腰入れてやってほしいものだが…。
いつの間にかモバイルでもGeforce一択になっちゃったよ。
2016/02/28(Sun) 15:28 | URL | LGA774 #2DdjN05.[ 編集]
151567 
リブランドせずにあえてM300番台で出して、
14nmの新コアをM400番台にした方がブランドイメージ良さそうなのに、
不思議なことをするなあ(本当にリブランドならの話ですが)
2016/03/01(Tue) 21:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/8451-24d6300b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック