北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD to Build 2nd Gen. Ryzen and Radeon Vega on GloFo 12nm(techPowerUp!)
AMD Moving to 12nm Vega and Ryzen in 2018 (Guru3D)
AMD wants Radeon Vega and Ryzen on 12nm LP process next year(VideoCardz)
GlobalFoundries reveals their 12nm process node(OC3D)

AMDは第2世代のRyzen CPUとRadeon Vega GPUをGlobalFoundriesが発表した12nm LP FinFETプロセス(以下12LP)で製造する。第2世代のRyzenとあるが、これは“Zen 2”とはまた異なる物と考えられる。“Zen 2”はマイクロアーキテクチャの改良と7nmプロセスへの移行が行われる世代である。また12LPは現行の14nmプロセスの光学的シュリンクと考えられる。

12LPにより、AMDはイールドの向上と、周波数の向上を得ることが出来ると予想される。12LPを使用したAMDの新世代のRyzenは2018年上半期に登場予定である。
 
GTC 2017で使用された“Anouncing: 12LP FinFET for Intelligent Applications”と題されたスライドが掲載されており、これに12LP(12nm LP FinFET)について記載されています。

まず12LPの性能ですが、業界の16nmFinFETソリューションと比較し、15%の密度の上昇、10%の性能向上を見込むとあります。
一方、12LPは2016年初めより大量生産が行われている既存の14nmLPPを基本としているとあり、信頼性を強調しています。

GlobalFoundriesのプロセスで“12nm”の数字がつく物としては、現在の14nmLPPとは別系統の22nm FD-SOI (22FDX) の後継の12nm FD-SOI (12FDX) がありますが、今回の“12nm”は12nm LP FinFETと明確に“FinFET”プロセスであることが示されており、12FDXとは別物です。

一方、AMDの第2世代の“Zen”というと“Zen 2”が浮かびますが、こちらは7nmプロセスで製造され、アーキテクチャが改良される世代となります。12LPで製造される第2世代の“Zen”は今まで“Zen+”と呼ばれていたものに相当すると推測されます。5月に公開されたロードマップには“Vega”及び“Zen”の項目に14nm+という記述がありましたが、これが今回の12LPになったと考えるのが妥当でしょう。

“Vega 20”がどうなるかはわからないものの、“Zen+”世代として名前が出ていた“Pinnacle Ridge”はおそらく12LPで製造されるCPUとなるでしょう(APUは“Raven Ridge”は14nmとして、その次がどうなるだろうか?)。

7nmの“Zen 2”及び“Navi”については2019年ではないかという見方が強いようです。

12LPのリスク生産は2018年上半期が予定されています。


コメント
この記事へのコメント
157836 
だから性能上がるって言ってたんね。
2017/09/21(Thu) 21:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157837 

14+を12って言うことにしただけでしょう
2017/09/21(Thu) 21:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157840 
>5月に公開されたロードマップには“Vega”及び“Zen”の項目に14nm+という記述がありましたが、これが今回の12LPになったと考えるのが妥当でしょう。

なるほどですね。7nmが不調なのだろう勘ぐっていましたが、たしかに14nm+の話しがありましたね。腑に落ちました。とはいえ7nmの見通しが立ったわけでもないでしょうが。

>業界の16nmFinFETソリューションと比較し、15%の密度の上昇、10%の性能向上を見込むとあります。

なんで16nmと比較するんだろう。
しかもどう計算すれば密度向上が15%になるのかな。

>GlobalFoundriesが発表した12nm LP FinFETプロセス(以下12LP)で製造する。

12LPPではないということは、このプロセス自体はあまり周波数を上げられないということですかね。
2017/09/22(Fri) 06:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157841 
12nmlpのリスク生産が2018年上半期であれば、それを使ったzen+の製品登場は2018年下半期?
2017/09/22(Fri) 06:27 | URL | Socket942 #-[ 編集]
157842 
モバイルzen+は12nmFD-SOIで何卒…
2017/09/22(Fri) 07:50 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
157843 
同じ14nmでもintelのプロセスよりも半導体密度が低かったしな
2017/09/22(Fri) 07:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157845 
シュリンクで10%の向上なら4GHz→4.4GHz辺りか
8コアのイールド8割超えてるのに更に上がったら下位で使う分が尚更足りなくなりそうだな
2017/09/22(Fri) 12:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157849 
IIntelの「本当の」プロセスルールに見劣りするから盛ってるようにしか見えない
一度微妙な嘘をつき始めると止められなくなるというよくあるコンプライアンス崩壊パターンに乗ってしまってないか心配
2017/09/22(Fri) 16:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
157857 
単純にGFの12nmが間に合うか(引き続きSumsungの14nmベースか)の見通しが立ってなかったからとりあえず14+って言ってただけなのでは
2017/09/24(Sun) 07:58 | URL | LGA774 #X6lTdxlc[ 編集]
157873 
NVIDIAもVoltaでTSMCの12nm使うって言ってたけど、数えると何のシュリンクもしてなかったな。プロセスが習熟してクロックが上がるようになったのを数字に換算したというようなただの言葉遊びだろう。
2017/09/25(Mon) 06:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9115-c3f6fa96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック