北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
First Intel Z390 motherboard spotted(VideoCardz)
Intel Coffee Lake: First Z390 motherboard shows up in benchmark database(ComputerBase.de)
Details for Computer/Device SuperMicro C7Z390-PGW Default string(SiSoftware)

現行の“Coffee Lake-S”対応チップセットであるZ370は“KabyLake Refres PCH”とも呼ばれ、Z270を“Coffee Lake-S”に対応させたものである。本当の新チップセット(“CannonLake PCH”)であるZ390は2018年の登場となる。そのZ390を搭載したマザーボードがSiSoftwareのベンチマークデータベースに掲載された。

掲載されたIntel Z390搭載マザーボードはSuperMicroのC7Z390-PGWである。搭載されているCPUは6-core/12-threadで周波数3.30GHz/Boost 3.60GHzのEngineering Sampleである。このスペックの“Coffee Lake-S”は現在存在していない。
 
SiSoftwareのベンチマークデータベースから得られる情報はそれほど多くはありませんが、ここから読み取れるC7Z390-PGWの特徴として5Gbit LAN対応チップの搭載が挙げられます(7530 Aquantia AQtion 5Gbit Networkと表示されている)。搭載されているCPUの周波数は現行の“Coffee Lake-S”のラインナップにはないものですが、この手の早期のリークには製品版にはないスペックのEngineering Sampleがしばしば出てくるので、今の段階でこのスペックを有する製品が将来的に出てくるとは考えないくてよいでしょう。

現在のZ370チップセットは前述の通り“KabyLake Refresh PCH”と呼ばれるもので、“KabyLake-S”とともにリリースされたZ270チップセットと機能的には違うものではなく、Z270を“Coffee Lake-S”に対応させただけとも言えるものです。新チップセットたる本来の300 seriesチップセットは“Cannon Lake PCH”のコードネームで呼ばれるもので、Z390の他、H370, B360, Q370, Q360, H310が予定されています。H370, B360, Q370, Q360, H310は2018年初めに登場する予定で、同じタイミングで“Coffee Lake-S”の追加モデルが登場する見込みです(6-core, 4-core, 2-coreでTDP65Wないしは35Wの製品が登場すると言われている)。Z390はこれらよりもやや遅く2018年下半期の登場が予定されていますが、VideoCardzでは今回のSandra databaseへの掲載を受けて、Z390チップセットの登場が早まる可能性を指摘しています(“Zen+”ないしは“Pinnacle Ridge”ことRyzen 2000 seriesが登場する、2018年上半期にこれを投入するのではないかと述べている)。Z390は無論のこと現行の“Coffee Lake-S”に対応しますが、将来的に出てくるとされるメインストリーム向けの8-core CPUにも対応すると言われています(なお、この8-core CPUが“Ice Lake”なのか“Coffee Lake Refresh”なのかはまだわからない)。


コメント
この記事へのコメント
158551 
お、任天堂も異業種間コラボに抵抗なくなったんだなー
って記事読むまで考えてた
2017/11/16(Thu) 00:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158557 
なんだか、AMDさんの方がシンプルで分かり易い。
Intelさん、もうお腹いっぱいですわ。
2017/11/16(Thu) 06:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158562 
> 158551
●の知名度もまだまだか
別記事Ampereもだけど、そういう読み方するかと目から鱗で楽しい
2017/11/16(Thu) 16:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9181-20c8413d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック