北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Working on GDDR6 Memory Controller For Future Graphics Cards(PC Perspective)
AMD Working on GDDR6 DRAM Controller(Guru3D)
AMD Working On GDDR6 Memory Technology For Upcoming Graphics Cards(WCCF Tech)

WCCF Techによると、AMDは将来のGPU向けにGDDR6対応メモリコントローラを開発しているようだ。GDDR6メモリコントローラの開発に携わっているAMDの技術者がLinkedInのページにリストアップされているという。WCCF Techではこれらの人々にコンタクトを取り、AMDがGDDR6規格に対応して開発を行っていること、将来のグラフィックカードに積極的に採用していくことを確認できた。
ではHBM2はどうなるのか?という疑問が生じるが、これは引き続きハイエンドグラフィックカードに採用されるという。
 
GDDR6は現在主流のGDDR5に続くGPU向けメモリ規格です。GDDR6は高速化と低電圧駆動を実現し、帯域はGDDR6では16Gbpsが視野に入れられています。一方駆動電圧はGDDR5の1.5Vに対し、GDDR6では1.35Vに引き下げられます。

MicronがGDDR5より高速なメモリとしてGDDR5Xを投入し、GeForce GTX 1080/GTX 1080 Tiに採用されていますが、そのMicronによると、GDDR5XでもGDDR6と同じ速度が出せるものの、GDDR6の方が最適化が進みまたより大容量を実現できると述べています。WCCF TechによるとGDDR5/Xでは16Gbitが最大であるのに対し、GDDR6はその倍の32Gbitをサポートするようです。

AMDの将来のGPUがGDDR6に対応する、これ自体はそれほど突拍子な事ではありません。“Vega 1x”が現在の“Vega 10”のみで終わるのか、それとももう少し派生コアが増えるのかはわかりませんが、“Vega 2x”ないしは“Navi”では上位のGPUコアはHBM 2、下位のGPUコアはGDDR6と棲み分けることになりそうです(ちょうど“Fiji/Tonga”の世代が、“Fiji”=HBM 1、“Tonga”=GDDR5と使い分けられたのと似た構図になる)。


コメント
この記事へのコメント
158714 
GDDR6もキャッシュとして使うのかね
発想は好きだが現状ゲーム性能が振るわない要因のひとつでもあるからなあ
ドライバの未成熟かゲーム側の最適化不足か或いはその両方か
いずれにしろ近い将来そこが解消されるのであれば構わんが
ハードの進化として正しいとは思うので個人的には続けて欲しい
2017/12/05(Tue) 23:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158720 
多分想定以上にHBMは小回り利かない物になったんだろうな…
2017/12/06(Wed) 04:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158724 
全部HBM2にできるわけないから当然の流れだな
2017/12/06(Wed) 12:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158735 
ハイエンドはHBM
ミドル以下はGDDRは最初から既定路線だけど
そして、いずれは全てHBMにするつもりで開発している
2017/12/08(Fri) 02:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9202-f7faea4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック