北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name(Intel)

Intelの“Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name”のページにはおおむねCore 2世代から現行世代、さらには未発表のCPUやプラットフォームのコードネームが掲載されています。その中にいくつか興味深いものがみられます。
 
Ice Lake-S (2017年12月10日)

まず“Ice Lake”。10nm+プロセス世代のCPU群で、Mobile向けに限定される“Cannon Lake”と異なり、デスクトップ向けからノートPC向けまで幅広く展開される世代とされます。現況をみると、第10世代Core seriesとなるでしょうか。

“Ice Lake”そのものはほぼ既報通りで、まあ、騒ぐほどのものでもないでしょう。

Cannon Lake-S (2017年12月10日)

2番目は“Cannon Lake-S”。字面の通りとらえるなら最初の10nmプロセスCPUである“Cannon Lake”のデスクトップ向けとなります。

・・・が、これまでの情報では“Cannon Lake”世代のCPUはMobile向けに限定されるといわれていました。投入時期が延期されたことで再度計画が変わったのか、はたまた最初期の計画にあったコードネームが放置されているだけなのかはわかりません。

これは以前にコメントで情報をいただいたものを再確認した形となります。

Whiskey Lake (2017年12月10日)

3番目は“Whiskey Lake”。コメント158776様からの情報です。

ノートPC向けとされるコードネームですが、Core系なのかAtom系のコアなのかもわからず(“~Lake”なのでなんとなくCore系のようにも見えなくもないが、Atom系も“Apollo Lake”や“Gemini Lake”など、“~Lake”の名が使われているので実際のところ判別は難しい)。

10nmのCore系列は最初の“Cannon Lake”、第2世代の“Ice Lake”までが上のページで確認できます。また、掲載されてはいないものの10nmプロセスの第3世代として“Tiger Lake”という名が知られています。一方、10nmのAtom系列のコードネームはまだ出てきてないので、どちらかというとAtom系列のコードネームのようにも感じられます。

他にも組み込み向けの“Anderson Lake”や“Keystone Lake”、車載向けとされる“Car Lake”などもみられます。
デスクトップ向け未発表プラットフォームとして“Monette Hill”なるものもありますが、どの世代をさすのかは不明です。


コメント
この記事へのコメント
158832 
Whiskey lakeは「飲み物系」ってことで、帰納的にはcore系だと予想。
2017/12/14(Thu) 07:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9209-093fef98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック