北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA TITAN V features GV100-400 GPU(VideoCardz)

Gamers NexusのSteveと呼ばれる人物が投稿した動画によると、Titan Vに使用されているGV100 GPUコアはGV100-400と呼ばれるもののようだ。

また、Titan Vでは16 phaseのVRMが用いられており、NVIDIAが用意したSingle-GPUのリファレンスカードとしては最も強力なものである。
また動画では、Titan VのボードナンバーがPG500であり、“Volta”のさらなるSKUの可能性を示唆するものであると説明している。
 
動画はTitan Vの冷却機構を外し、コアや基板を観察するものですが、$2999という高額なカードでもあり、なかなか見ることはできないでしょう。VideoCardzにはいくつかのシーンがキャプチャされています。

まず1枚目にはTitan Vに使用されているGV100 GPUコアのアップが掲載されています。非常に大型のコアであることがわかるとともに、NVIDIAのロゴや“GV100-400-A1”の刻印を見ることができます。GPUコアの周囲には16-phaseのVRMが配置されており、重厚な雰囲気を醸し出しています。一方で、Titan VはHBM 2を使用するため、GPUコアの周囲のメモリの配置は見られません。GPUコアパッケージの左右4カ所に分散する形でHBM 2の搭載スペースがあるように見えますが、GPUコアとHBM 2の境界はやや不明瞭で、GPUコアの上にHBM 2が載せられているような錯覚を受けます(GV100コアとHBM 2はシリコンインタポーザを介して接続されている・・・はずだが、“Fiji”や“Vega”の方がGPUコアとHBM 2の境界がはっきりしており、今回のTitan Vは若干様相が異なるように見える。錯覚だとは思うのだが・・・)。


コメント
この記事へのコメント
158812 
Voltaちゃんはシリコンインタポーザのサイズが限界ぎりぎりのはずなので、コアとHBMとが隣接していて、ほとんどないように見えてるだけだと思いますよ。
2017/12/13(Wed) 02:22 | URL | LGA774 #B03ydyig[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9214-3b818745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック