北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Goldmont Plus: Major revision paves the way for a 32-core SoC(ComputerBase.de)

“Goldmont Plus”は“Gemini Lake”に用いられているCPUコアで、主に低価格市場に投入されている。しかし、Intelは“Goldmont Plus”を低価格市場にとどめず、32-coreのSoCとして“Denverton”の後継製品にすえることも考えているようだ。
 
“Goldmont Plus”についてはOptimization Manualの最新版で従来の“Goldmont”や22nmの“Silvermont”からの変更点が記載されている。“Goldmont Plus”ではフロントエンドに手が加えられている。Fetch及びDecodeユニットは従来と同様に3-wayであり、命令キューも4 assignmentsにとどまる。一方Integer Execution Cluster (IEC) は4ポートに強化され、さらに4ポート目はより高速なJump Predictonを担うJump Execution Unit (JEU) に接続される。

L2キャッシュ周りも強化されている。“Gemini Lake”では従来の2MBから4MBに増量されている。まだL2 pre-code cacheは4倍の64KBとなる。

“Goldmont Plus”という名前の割には手が入っているCPUコアですが、このCPUコアが“Denverton”―Atom C3000 seriesの後継として使われる可能性があるようです(Atom C4000 series?)。用途としては同等コア数のサーバー向けARM processorへの対抗が考えられているようです。

しかし具体的なラインナップや登場時期は明らかにされていません。現時点では“Goldmont Plus”は32-coreも設計可能である、という程度の話でしょうか。


コメント
この記事へのコメント
158903 
Goldmontが3-way decode/3-way issue、Goldmont Plusが3-way decode/4-way issueのはず。
https://www.extremetech.com/computing/239347-intel-finally-shares-details-new-goldmont-cpu-architecture-heart-apollo-lake
北森でも以下で取り上げられている
https://northwood.blog.fc2.com/blog-entry-9033.html
※Goldmont Plusは4-wayデコードと誤解されてきたが、どうやら4-wayはイシューのみらしい

もともとSilvermontは整数 x2、浮動小数点 x2、ロードストアの計5実行ポートだったので2-wayでバランスがとれていたが、フロントエンドの拡張に併せてGoldmontで整数1ポート、Goldmont Plusでジャンプ1ポートが追加されている。
2017/12/28(Thu) 11:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9229-02b79de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック