北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Core i7-8809G "Kaby Lake + Vega" MCM Specs Leaked Again, Indicate Dual IGP(techPowerUp!)
Intel with Radeon RX Vega Graphics: Core i7-8809G with 3.1 GHz Base, 100W Target TDP, Overclockable(AnandTech)
Intel Core i7-8809G with AMD RX Vega Graphics appears on Intel website(VideoCardz)
Overclock Your CPU with Unlocked Intel(R) Processors(Intel)

Intelが“KabyLake”と“AMD Vega”をMulti-chip moduleで1パッケージに収めたCore i7 8809Gを同社公式Webサイト上で明らかにした。Core i7 8809Gのスペックそのものは昨年12月末にFuturemarkのSysteminfoに掲載されたものであるが、新たに明らかになった事項としてCore i7 8809Gが2系統のiGPUを搭載することがある。
 
オーバークロックが可能な倍率ロックフリーのCPUを掲載したページにCore i7 8809Gが掲載されています。そのスペックは以下の通りです。

◇Core i7 8809G
  ・CPU core/thread:4-core/8-thread
  ・CPU clock speed:3.10GHz
  ・CPU L3 cache:8MB
  ・Max TDP/Power:100W Target Package TDP
  ・Memory types:Dual-channel DDR4-2400
  ・Graphics:Radeon RX Vega M GH graphics, Intel HD graphics 630

Core i7 8809G (2018年1月2日)

IntelのWebサイトには記載はないものの、Radeon RX Vega MはVRAMとしてHBM 2を4GB搭載するといわれています。HBM 2の周波数は800MHz、インターフェースは1024-bitで、帯域は204.8GB/sとなります。またRadeon RX Vega MのGPU周波数は1190MHzという数字が12月末に出てきています。

Radeon RX Vega MをMulti-chip moduleで搭載することがCore i7 8809G―“KabyLake-G”の最大の特徴でありますが、CPU側の“KabyLake”は“KabyLake-H”で用いられている4-core+GT2のダイがそのまま用いられているようで、“KabyLake”のiGPUも特に無効化されているわけではないようです。グラフィック負荷が低い場合は“KabyLake”のHD graphics 630を用い、グラフィック負荷が高い場合はRadeon RX Vega Mを用いるといった運用を想定している可能性もありそうです。


コメント
この記事へのコメント
158925 
負荷に応じてシームレスにビデオハードウェアを切り替える機能って、Windows OS 標準でついてましたっけ?

まるーで、MacBook pro が必要とするハードウェアだなぁ
2018/01/02(Tue) 19:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158929 
まるでって言うかMacBook pro用でしょ
ryzenという強力なCPUが確認出来て、もろ被りのmobileが控えるAMDが協力した理由

昨年まで負債が多く、要請が有ったのは、ryzenの確証が無い時期で売上数・価格が期待出来るなら協力するのは自然だし
INTEL側からしてもryzen出るまで鼻で笑っているぐらい余裕が有った(+微細化に苦労して稼ぎも出来る)ぐらいだし
2018/01/03(Wed) 01:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158930 
流石に directX 12のEMAの利用はないと思うし、同時利用可とするとマザーボードのグラフィック出力周りがそれぞれで独自系統になるのかな
でもそれだとソケットのピンアサインがほかのCPUと整合が取りづらいから、排他利用かあるいは一般ソケット以外で自作には降りてこないかの2択ですかね
2018/01/03(Wed) 02:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158932 
※158925
Windows10のDX12には”Explicit Multi Adapter”(略称EMA)という仕組みがあるので、DX12対応ゲームであればこれを使えば出来るはずです。
2018/01/03(Wed) 13:00 | URL | LGA774 #23.0L.uU[ 編集]
158934 
EMA(DirectX12)の出番です、ではないの?
2018/01/03(Wed) 14:37 | URL | ななしです #W3ugQoag[ 編集]
158935 
SurfaceBookにそんな機能があった気が
2018/01/03(Wed) 15:56 | URL | LGA774 #ftr86F3A[ 編集]
158940 
TDP 15WのモバイルG5を載せられない薄さのMacにTDP100Wとな?
2018/01/04(Thu) 21:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158941 
新型Mac miniがやっと出そうだね
構成と価格次第では購入候補
2018/01/04(Thu) 22:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158949 
Mac miniの価格帯にこんな高価なCPUを載せてくるとは思えない。
出たら嬉しいけど。

まぁMacBook Pro用だよね…。
2018/01/06(Sat) 19:51 | URL | LGA774 #OARS9n6I[ 編集]
158950 
Enduro扱いなのか
実装が不味いのかコエテク系エンジンだとそれではダメなような
2018/01/06(Sat) 20:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158952 
処理に応じて切り替えるってnvidiaのoptimusのような機能なのだろうか
でもあれは不安定だしWindows前提でLinuxではまともに動作しないし微妙
2018/01/07(Sun) 04:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
158979 
Z68か何かの頃にLucid Virtuとかいうのがあったなぁ・・・
2018/01/09(Tue) 11:52 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9233-1ea13105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック