北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
(初出:2018年1月8日0時54分)
Toshiba Unveils RC100 Series M.2 NVMe SSDs(techPowerUp!)
CES 2018: Toshiba Releases RC100 Series M.2 NVMe SSDs(Guru3D)

Toshiba Memory Americaは1月5日、同社の3次元積層NAND FlashであるBiCS FLASH 3Dを用いたRC100 series NVMe SSDを発表した。

今のところラインナップや詳しいスペックは分かっていません。位置づけとしてはハイエンドNVMe SSDとSATA SSDの中間となるようで、比較的安価なNVMe SSDとされる模様です(BiCS FLASH 3Dを用いた東芝SSDとしてはXG5/XG5-P seriesがあるが、これらは比較的ハイエンド向けと考えられ、今回のRC100 seriesはこの下に位置することになるだろう)。
 


(追記:2018年1月9日22時56分)
Toshiba RC100 "Entry-level" M.2 NVMe SSD Detailed Some More(techPowerUp!)
東芝、64層TLC 3D NAND採用のメインストリーム向けPCIe NVMe SSD「RC100」(Impress PC Watch)

東芝が「エントリーレベルのM.2 NVMe SSD」として位置づけるRC100 series SSDであるが、園より詳しい情報が入ってきた。RC100 seriesはSATA SSDよりも遙かに高い性能を、プレミアムSATA SSDの10~15%程度の小さな価格差で実現するものとなる。またRC100 seriesが目指すのはNVMeの性能だけでなく小ささもある。RC100 series SSDはM.2 2242(=42mm)規格で提供される。

RC100 series SSDに使用されるNAND Flashは東芝の64層BiCS Flash TLC memoryである。これに同社出開発したコントローラが組み合わされる。インターフェースはPCI-Express 3.0 x2である。

RC100 series SSDの性能をまとめると以下の通り。

◇RC100 series SSD
  ・NAND:64層BiCS 3D TLC NAND Flash
  ・容量:120GB, 240GB, 480GB
  ・Sequential:Read 1620MB/s, Write 1130MB/s
  ・4K random:Read 160k IOPS, Write 120k IOPS
  ・インターフェース:PCI-Express 3.0 x2 (NVMe 1.2対応)
  ・規格:M.2 2242

低価格化を実現するため、オンボードDRAMが省かれていますが、メインメモリの一部をバッファとして利用するHost Memory Buffer機能で上記の性能を実現しています。

登場予定時期は2018年第2四半期となっています。M.2 2242という小型規格ゆえ、小型のPCで重宝されそうな製品です(ただ、このところ東芝製のNVMe SSDはなかなか自作PC市場に出回らない。上位の製品であるXG5/XG5-P seriesもまだ出回っていないはずである)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9238-7b7f924c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック