北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
GIGABYTE Aorus X470 Gaming 7 Motherboard Pictured(techPowerUp!)
First AMD Ryzen 2000 Series Ready X470 Motherboard Pictured – Gigabyte Gaming 7 WiFi(WCCF Tech)
AMD Ryzen 2000: Images of the X470 motherboard from Gigabyte surfaced(ComputerBase.de)

AMD X470チップセットを搭載するマザーボードの写真が初めて明らかになった。明らかになったのはGigabyteの“Aorus X470 Gaming 7 WiFi”である。X470チップセットは同時期に投入される“Pinnacle Ridge”とこれよりもやや先行して登場する“Raven Ridge”、そして現行世代のRyzen(“Summit Ridge”)をサポートする(第7世代A series APUである“Bristol Ridge”については言及なし)
 
300 seriesチップセットはチップセットが持つPCI-ExpressはPCI-Express 2.0であったが、400 seriesではPCI-Express 3.0に強化される。X470チップセットを搭載する“Aorus X470 Gaming 7 WiFi”ではM.2スロットが2スロットとなる。

写真から確認できる限りのスペックを以下にまとめます。

Aorus X470 Gaming 7 WiFi
規格ATX
SocketSocketAM4
チップセットAMD X470
メモリ2ch DDR4
4スロット
PCI-Express x16Gen. 3.0 x16:2 (x16+x0/x8+x8?)
Gen. 3.0:1 (レーン数不明)
拡張スロットPCI-Express 3.0x1:2
StorageSATA 6.0Gbps:6
M.2:2
USB他I/OUSB 3.1 type-C
USB 3.1
USB 3.0:
GigabitEthernet
WiFi
画像出力なし?
その他Audio


同社のX470マザーの中では上位に位置する製品と考えられ、現行の“Aorus X370 Gaming K7”の後継になるものと思われます。300 seriesから400 seriesでの第一の改善点はチップセットのPCI-Expressが2.0から3.0に強化されたことで、“Aorus X470 Gaming 7 WiFi”でもこの利点を生かし、M.2スロットを2スロット搭載しています。Ryzen CPUそのものがGPU用のPCI-Express 3.0 x16とは別にNVMe storage用に4レーンを出せるため、2スロットのうち、1スロットはRyzen CPU/APU直結、もう1スロットはX470チップセット接続となるでしょうか。


コメント
この記事へのコメント
159028 
X370ってPCI-e 3.0のx24分だったはずだが、元記事の誤植かな。
少なくともivy以降はPCI-e 3.0が主力ですし。
2018/01/15(Mon) 01:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159040 
なんでそこでivyが出てくるんだ?
2018/01/16(Tue) 16:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159075 
x370のスペックをよく確認しましょう。
2018/01/21(Sun) 20:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9242-d3e9e103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック