北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
First Snowy Owl-platform AMD Epyc Embedded SoC and Mobo Surface(Guru3D)
AMD Epyc Embedded: High-end BGA SoC listed on first motherboard(ComputerBase.de)

“Snowy Owl”が姿を現した。“Snowy Owl”はEPYC Embeddedと呼ばれるサーバー向けプラットフォームの中心となるSoCでネットワーク向けに焦点を当てた製品となる。“Snowy Owl”はBGAで、最大16-core/32-thread、TDPは35~100Wとなる
 
以前の情報と変わりがなければ、“Snowy Owl”は2ダイ構成で16-core/32-threadまでのものと、1ダイ構成で8-core/16-threadまでのものに分けられます。このうち後者が昨年後半頃よりEPYC 3000 seriesとしてその名を見せていました。今回明らかになったEPYC Embeddedマザーに搭載されているのも1ダイ版の“Snowy Owl”となります。

明らかになったのは台湾のiBaseのマザーボードで“MBN806”と呼ばれるもので、EPYC Embedded 3000 seriesを搭載したネットワーク向けマザーボードとなります。

iBase MBN806
寸法280×306mm
CPUEPYC Embedded 3000 series
SocketSP4r2 (BGA)
メモリ2ch DDR4-2666, 4スロット, ECC support
Max 64GB (UDIMM) / 128GB (RDIMM)
PCI-Express x16Gen. 3.0 x16:()
Gen. 2.0:()
拡張スロットPCI-Express x8:1
Optional rear expansion PCI-E slot
StorageM.2:1
I/OUSB 2.0
GigabitEthernet (Intel I120-AI)
その他2 x NIC module slot
Optional IPMI 2.0 module


マザーの左上にEPYC Embedded 3000 seriesと思われるダイが配置されており、デスクトップ向けのRyzen 7, 5, 3 seriesと同様の長方形のダイが1つ確認できます。搭載されているのはEPYC 3201とされており、8-core/8-threadである模様です。

◇“Snowy Owl”
  ・up to 16-core Zen core
  ・up to 32MB shared L3 cache
  ・up to 4 independent memory channel
  ・up to 64 lanes PCI-Express 3.0
  ・up to 16 SATA or NVMe
  ・up to 8×10GbE Highly intecrated I/O
  ・SP4 BGA

上記が2ダイ構成の“Snowy Owl”の特徴として過去にリークしたものです。EPYCやRyzen(“Raven Ridge”は除く)の基礎となる“Zeppelin”ダイを2個分のスペックです。SocketSP4r2 BGAのものは“Zeppelin”ダイが1個分となるので、実現できるスペックもほぼこの半分になるでしょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9268-f0d2efce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック