北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Dual-Core Quad-Thread Athlon 200GE with Vega graphics appears on SiSoftware database(OC3D)

AMDはRyzenをハイエンドからパフォーマンス帯から展開しており、Ryzen Mobileにおいても4-coreの上位モデルが先行して発表された。“Zen”アーキテクチャで低価格帯となる製品は、つい先日になって2-coreのRyzen 3 2200Uが発表されたばかりである。

AMDは次いで低価格帯のPC市場へ“Zen”を展開する。そしてそのための製品と思われるAthlon 200GEがSiSoftwareのデータベースに姿を現した。Athlon 200GEは3.20GHzの2-core/4-threadの製品で、Vega graphicsをiGPUとして内蔵する。

Athlon 200GEとRyzen 3 2200Uを比較したものが以下の表です。
 
Athlon 200GERyzen 3 2200U
CPUコア・スレッド2-core/4-thread
周波数Base 3.20GHzBase 2.50GHz
Boost 3.40GHz
キャッシュL2=512KB x2 / L3=4MB
GPUStream Processor192
周波数1100MHz
TDP12-25W


Athlon 200GEのスペックは不明な点も多いものの、判明している部分ではRyzen 3 2200Uとの共通性が見られます。

あまり表に出てくるコードネームではありませんが“Zen”世代の組み込み向けAPUとして“Horned Owl”と“Banded Kestral”という2つのコードネームが伝えられたことがあります。“Horned Owl”は4-core CPU+11CU GPU構成の“Raven Ridge”の組み込み向けに相当します。“Banded Kestral”はこれを縮小したようなもので2-coreのCPUと“Raven Ridge/Horned Owl”よりもCompute Unitの少ないiGPUを統合します。Ryzen 3 2200UのiGPUはCompute Unitが4-coreモデルから比較すると極端に減少しており、現時点では確証がないもののRyzen 3 2200Uは組み込み向けの“Banded Kestral”と同じダイを使用している可能性がありそうです(そもそも“Horned Owl”と“Banded Kestral”が別ダイなのか、という議論はあるが)。Ryzen 3 2200Uとよく似たAthlon 200GE(周波数からおそらくデスクトップ向け?)も同様に“Banded Kestral”のデスクトップPC版といえるものかもしれません。

なお同様の展開は先代の“Excavator”から行われており、“Excavator”世代の組み込み向けAPUは“Merlin Falcon”と“Brown Falcon”があったようです。このうち“Merlin Falcon”は4-core+512spの“Bristol Ridge”と同等の製品、“Brown Falcon”はこれを縮小して2-core+192sp(?)とした製品となっていました(“Brown Falcon”や“Banded Kestral”が担っているSKUはさらに前は“Jaguar”や“Puma”といった“Bobcat”とその後継の小型x86 CPUコアが受け持っていたであろうSKUと思われるが、“Bobcat”→“Jaguar”→“Puma”の系譜は途絶えてしまっている)。

・・・意外と3-coreの変態APUは出てきませんでしたね。


コメント
この記事へのコメント
159225 
athlonの方もTDP25W以下で出てくれたらうれしいなあ
2018/02/08(Thu) 06:10 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
159226 
Athlonが来るぞー

ところで一カ所RyzenがRzyenになってます
2018/02/08(Thu) 06:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159228 
無音PC出てくるか?
2018/02/08(Thu) 08:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159229 
PentiumとAthlonの対決再び……とはいえ低価格帯ではちとさみしい
2018/02/08(Thu) 08:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159230 
流石にHTを、実装しているCCXの構成上3コアの変態は出てこないでしょう
出てきたらすげぇと驚嘆しますよw

廉価なマシンにはこれぐらいのモノで十分な気がします。
BrstolRidgeは廉価版にしては少々高価でしたし…
2018/02/08(Thu) 09:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159233 
2200Gの半分のコア数、より低い定格クロックであることからTDPは低そうですね、35W程度かな
35Wとすれば対抗はPenG4600Tあたりで価格は60〜70ドルあたりになりそうですかね
2018/02/08(Thu) 19:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159234 
個人的にはKabini系列の後継で
APUはAthlon/Sempron希望だったので
最高の展開だがいきなり命名規則を曲げてくるのはさすがAMD。
本来だったらTDP低めの『S』?
BASE3.2Gの時点でAM4でしょう。

ダイの作り分けもあり得ない。
それができたらまずはサーバー、デスクトップでやるはず。
InfinityFabricこそこの世代の肝では?
2018/02/08(Thu) 23:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159235 
これは、atomデスクトップ対抗なのか?G4600世代?
2018/02/09(Fri) 07:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159236 
Pentiumクラスが欲しい人には有力な候補になる。
GPUがVega3(SP数192個)の場合、Pentium G4600あたりと良い勝負になると思う。
2018/02/09(Fri) 18:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159238 
名機Athronの名前を付けたからには、Pentiumに負けるわけにはいかないね、AMDの過去の栄光だから。でも、そろそろ永久欠番でも良いのでは?
2018/02/10(Sat) 11:03 | URL | Socket942 #-[ 編集]
159273 
ドライバのこと考えるとPenGより良さそう
2018/02/13(Tue) 22:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9270-9a11e5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック