北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Leaked roadmaps confirm Coffee Lake-E/H/S & Cascade Lake-SP to remain focus in 2018(VideoCardz)
Intel’s Leaked Platform Roadmap Reveals Cascade Lake Scalable Platform, Coffee Lake-E, Coffee Lake-H and More Coffee Lake-S CPU Updates(WCCF Tech)
Intel-Roadmap: CPU-Termine für Coffee Lake(‑E) und Cascade Lake-SP(ComputerBase.de)

◇サーバー向け
サーバー向けは4セグメント。上からXeon SP (Xeon Scalable Family)、Xeon D、Xeon E、Atom μ Server。

〇Xeon SP
現行製品は“Skylake-SP”(Xeon Platinum, Gold, Silver, Bronze)。2018年第3四半期に“Cascade Lake-SP”。
 
〇Xeon D
“Broadwell-DE”が現行製品として記載されており、これがロードマップに示された2019年第1四半期まで変化なく続くとされている。
先日発表された“Skylake-D”(Xeon D 2100 series)の記載は見られない。
 
〇Xeon E
Xeon E3-1200 seriesの系譜で、“KabyLake-E”―Xeon E3-1200 v6 seriesが現行製品となる。2018年第2四半期に“Coffee Lake-E”が投入される。命名体系が“Coffee Lake-E”のタイミングで変更され、Xeon E 21xxとなる見込み。

LGA1151向けのラインナップとしてXeon E 2176G(6-core/12-thread, 3.70GHz/TB 4.70GHz, L3=12MB, iGPU=UHD Graphics P630)とXeon E 2124G(4-core/4-thread, 3.40GHz/TB 4.50GHz, L3=8MB, iGPU=UHD Graphics P630)の2種類が挙げられている。

〇Atom μ server
2017年後半にAtom C3000 seriesこと“Denverton”に切り替わっており、ロードマップで示されている2019年第1四半期まではこのまま継続する。



◇クライアント向け
デスクトップ向けの“S series”とハイエンドMobile向けの“H series”、メインストリームMobile向けの“U series”に区分されている。

〇S series
既に“Coffee Lake-S”の一部が出回っており、現在は“KabyLake-S”と“Coffee Lake-S”の二世代が出回っている状態だが、2018年第1四半期末から第2四半期初めの時期に“Coffee Lake-S”への切り替えが進む模様。

〇H series
現行製品は“KabyLake-H”となるが、既に“Coffee Lake-H”のラインナップが姿を現し始めている。このロードマップでは第2四半期より“Coffee Lake-H”が投入されるとある。

〇U series
“KabyLake-U”が2019年第1四半期まで続投し、変化がないように描かれているが、4-core+GT2の“KabyLake Refresh”も一緒くたに“KabyLake-U”とされている模様。メインストリームMobile向けとして名前が出ていた“Whiskey Lake”の名はこのロードマップ上にはない。



◇エントリー向け
Atomコアの系譜が使われるローエンドProcessor群でN seriesとE seriesがある。N seriesは“Apollo Lake”が変化なく続くように描かれているが、先日その後継の“GeminiLake”が発表されており、ずいぶんと雑に記されている印象である。



◇“Cascade Lake-SP”について
2018年第3四半期にXeon SP向けに投入される。プラットフォームは“Purley Refresh”となる見込みで、チップセットは現行の“Lewisburg”、SocketはSocketP(LGA3647)が引き続き用いられる。

“Cascade Lake-SP”の対応メモリは DDR4-2933まで(“Skylake-SP”はDDR4-2666まで)。1 DIMM/chの場合にDDR4-2933まで対応し、2 DIMM/chの場合はDDR4-2666までの対応となる。また一部のSKUでは“Apache Pass DIMM”をサポートする。
PCI-Expressは“Skylake-SP”と同様にPCI-Express 3.0を48レーン備える。

新機能として前述の“DDR-T/Apach Pass DIMM”のサポート、Vector Neural Network Instruction (VNNI) が挙げられている。



・・・“Gemini Lake”や“Skylake-D”など明らかに抜けているものも見られるなど、若干粗が目立つ印象。
サーバー向けの“Cascade Lake-SP”や“Coffee Lake-E”、及びクライアント向けの“Coffee Lake-S/-H”の展開は概ね既報通りであるが、逆に言えば新味のある情報も少ない。


コメント
この記事へのコメント
159309 
Whiskey Lakeって今年中に出ないの?
2018/02/15(Thu) 20:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159320 
lga2066ソケットの新CPUの情報は今のとこないのか?
2018/02/16(Fri) 12:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9277-634877b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック