北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
GTX 1080 Ti "Hybrid" Mining: Nvidia P102-100 with 3200 shaders and 5 GB GDDR5X(ComputerBase.de)
Inno3D Leak Confirms NVIDIA P102-100 ‘Pascal GP102’ Crypto Mining Cards – 3200 Cores, 5 GB G5X Memory, Up To 47 MH/s in Ethereum(WCCF Tech)

NVIDIAはこの数ヶ月間に“Pascal” GPUをベースとしたマイニング向けアクセラレータを提供してきた。
GeForce GTX 1060で使用されているGP106を使用したP106、GeForce GTX 1080/GTX 1070で使われているGP104がベースとなるP104が該当するが、NVIDIAはこれらに続き新たにP102と呼ばれるチップを用意する。

 
NVIDIA公式にはP102に該当する製品はまだ掲載されていないが、Inno3Dに“P102-100 Crypto-Mining Accelerator (Twin X2 Cooler -5 heatpipes)”という名称で掲載されており、ベースとなるGPUがGP102であることを示唆する。GP102はGeForce GTX 1080 TiやTitan Xpで用いられているが、P102-100はこれらよりもCUDA coreの数が減らされて3200となっている。GP102は元々3840基のCUDA coreを搭載しており、GeForce GTX 1080 Tiは3584基が有効化されている。
一方、周波数はBase 1582MHzでGeForce GTX 1080 Tiよりも100MHz高いが、Boost時の周波数の記載はない。


搭載するメモリはGDDR5Xであるものの、容量は5GBにとどまる。またメモリインターフェースも320-bitにとどまる。メモリの速度は11Gbpsで、GeForce GTX 1080 Tiと同等である。

TDPは250Wで、PCI-Express電源コネクタは8-pin×2、カードのサイズは21.5cm長×12.5cm幅でDual-slot仕様となるよう。

また特徴的なのは対応インターフェースでPCI-Express 1 x4となる。マイニングではとにかく多数のカードを挿すため、1枚あたりのインターフェースの帯域よりもカードの枚数が稼げるPCI-Express 1 x4という仕様が有利に働くのだろう。

マイニングに特化した印象のカードであるが、それゆえにマイニングバブルがはじけた後にゲーム用に転用しようと目論むのはやめておいた方が良さそうである。


コメント
この記事へのコメント
159523 
チップ単体でGen3サポートしてるのをわざわざGen1に落とす…?
それならGen3 x1で良さそうなんだけど、どんな理由があるのやら。
2018/03/14(Wed) 15:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159530 
仮想通貨とマイニングバブルはゲーマーにとっては本当に迷惑でしかない。
仮想通貨とPCの価格が連動している様子は、過去の相場を見れば分かる
2018/03/15(Thu) 04:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159533 
NVIDIAにしてはちょっと腰が重かった気が…。
仮想通貨はもう世界レベルで起こりうるリスクが周知されてしまったし
規制もどんどん強化されてきている。
棚ボタだったけどRADEONが需要に合致して持っていった印象。
Geforceも売れはしたけど、マイニングに関してはコスパ悪いし。
2018/03/16(Fri) 01:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159560 
ご自宅でやるのだけがマイニングではないし、世界的に見ればブロックチェーンの応用開発は盛んだからな
日本の個人がマイニングと投機ばっかりやってるイメージで考えると間違う
2018/03/21(Wed) 19:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9302-3db7e069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック