北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Seagate Unveils the 14TB Helium-Based Exos X14 Enterprise Hard Drive(techPowerUp!)
Seagate Launches 14TB Helium-Based Exos X14 Hard Drive(Guru3D)
Seagate、ヘリウムガス封入の14TB HDD「Exos X14」(Impress PC Watch)
Seagate To Demonstrate Advanced Technology At OCP Summit 2018 To Support Accelerated Hyperscale Demand And Data Growth (Seagate)

Seagateは3月22日、14TBのヘリウム封入HDD製品である“Exos X14”を発表した。Exos X14は高性能と大容量を実現し、大容量データセンタ向けとして、増え続けるデータの管理に良好な効率性・コストパフォーマンスをもたらす。

3.5インチ規格のエンタープライズ向けHDDで、昨今の大容量エンタープライズ向けHDD製品ではしばしば見られるヘリウムガス封入タイプの製品である。

独自機能として“Seagate Secure”を実装しており、全データの暗号化を可能とし、FIPS 140-2, Level 2およびISO/IEC 15408 (Common Criteria) 規格に準拠する。

・・・流石に個人でヘリウムガスを封入した大容量エンタープライズ向けHDDを使用している人はそうそういないだろう。


コメント
この記事へのコメント
159572 
過去にSeagate社の2TBを使用して故障によりデータを失った身としては、同社の14TBなんて怖くて使えないです。
(お陰で必ずバックアップを取る習慣が身に付きましたが。)

しかしなんでISO/IEC 15408の品質保証レベル(EAL)が明記されてないんでしょうか。
準拠するからには評価してるはずなのに。
まあ明記に値するレベルでの評価はしてないってことですかね。
2018/03/22(Thu) 23:12 | URL | LGA774 #US7Is6OM[ 編集]
159576 
最大容量品は単体で常用するものじゃないからね
2018/03/23(Fri) 08:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159584 
SeagateのHDDは安いけど割と壊れやすいみたいだし、ミラーリングして使えってことかな?
流石にサーバーでRAIDしてないバカはいないでしょうし。...多分
2018/03/23(Fri) 23:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159591 
(北森さんが使いそう)
2018/03/24(Sat) 22:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159594 
ずっとsegate製メインで使って来たけど壊れた事はほとんど無いけどな
1.5TBの時のファームウェア不良には自分も当たったけどそれ以外は運の問題だと思う
初期ロットは怖いから型番の後ろが000の商品は避けてるけど
2018/03/25(Sun) 15:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159597 
100TBのSSDが発表されたから余りインパクトは無いな
2018/03/25(Sun) 18:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159606 
最近 NL-SASの10TBと8TBを買い足しましたよ2本ずつ
Seagateと今は無きHGST
2018/03/27(Tue) 01:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159617 
会社のSASのHDD(Seagate)は年中ぶっ壊れてる。たぶん1年に4、5台は壊れた。それが買って5年たってるけどまじで毎年どれか壊れるの。
絶対にプライベートでは買わない。

BuffaloのTerastationのディスクがSeagate率高くなったのは、故障率高めて公式サービス化したディスク復旧サービスを売るためだと勝手に妄想してる。
2018/03/28(Wed) 02:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9312-355224d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック