北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel's 10nm will not ship in high volumes until 2019 - Whiskey Lake is coming on 14nm(OC3D)
Intel's 10nm Is Broken, Delayed Until 2019(Tom's Hardware)

Intelは4月26日、2018年第1四半期の決算報告を行った。その中でIntelは10nmプロセスについて触れ、2018年中は少量のみの出荷となり、大量生産は2019年になることを明らかにした。そして遅れた10nmプロセス製品の代替として、14nmプロセスの“Whiskey Lake”を今年後半にリリースすると説明した。

Intelの説明が以下。
 
Intelは10nmプロセスを引き続き進める。現在は少量の出荷を行っており、イールドは改善しつつある。しかしその改善の進捗は当初の予定よりもゆっくりとしたものだ。結果として10nmプロセスの大量生産は2018年下半期から2019年にずれることになった。イールドの問題はわかっており、その改良点も明らかにされている。だが実装と検証には時間がかかる。14nmプロセスのアドバンテージを引き続き生かして製品リーダーシップをとり、今年は(14nmプロセスで)データセンター向けに“Cascade Lake”を、クライアント向けに“Whiskey Lake”を投入する。

“Cascade Lake”も“Whiskey Lake”も今回初めて出てきたコードネームではなく、これらが今年後半に14nmプロセスで投入されることも以前より言われていたことであるが、今回の決算報告でその裏付けがとれた形となる。特に“Whiskey Lake”については今回の発表で存在が確固たるものになった格好だ(“Cascade Lake-SP”は昨年の“Skylake-SP”の発表時に、次世代製品として公式に明らかにされている)。

おそらく最初の10nmプロセス製品として計画されていた“Cannon Lake”は今年少量出荷されるにとどまり、2019年に大量生産に入る10nm製品は“Ice Lake”となるだろうか。

Intelの10nmプロセスについてはなかなか明るい話が出てこないのが苦しいものの、別方面では明るい話もある。




いったい何が起こるのだろう?


コメント
この記事へのコメント
159834 
ジム・ケラーが入ったIntelが楽しみだ、次期アーキテクチャに期待
ところでice lakeはいつになるのやら…
2018/04/28(Sat) 23:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159835 
>毛かとして
結果としての誤字かな
2018/04/29(Sun) 00:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159838 
ついにIntel-その他間のプロセス世代差が消滅こるとなるとCPU戦争が面白くなりそう
2018/04/29(Sun) 05:35 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
159840 
ジム・ケラー氏はもしかしてSpectreとか一連の脆弱性対策のために雇われたのかな?
2018/04/29(Sun) 08:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159841 
すごい人だよねー
お互いの特許の上をうまく渡り歩く設計の妙
それにしてもテスラは1年で見限られちゃったか
2018/04/29(Sun) 09:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159845 
2020年予定とされたサファイアはジムケラー製アーキテクチャまでの短命な繋ぎとするのか、それとも無かったことにされてcoreアーキでお茶を濁すのか、はたまたこれがサファイアになるのか……
Intelの予定が尽く爆散してるから、ロードマップが全くアテにならん
2018/04/29(Sun) 15:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159847 
やっとCoreに変わる製品を生み出せるアーキテクトが見つかった感
2018/04/29(Sun) 15:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159852 
世界のほとんどのPCがジム・ケラーの作ったCPUで動く時代が来るのか...
2018/04/30(Mon) 15:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159855 
人間アナハイムって感じだ
2018/04/30(Mon) 19:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159866 
ジム・ケラーが1から再設計したCPUを出すとなると、量産は早くとも5年後とかかね。
Intelより量産を急ぐ傾向のあるAMDでも、Zen設計開始からRyzen出るまで5年近くかかったわけだし。
2018/05/01(Tue) 17:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159867 
他社に後れまくってるAIに特化したSoCを作るのだと思うけど…
x86は先方が触らせてくれないと思う
2018/05/01(Tue) 17:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159872 
>159867 
たしかに外から、しかもRyzen作ってきた人間に新しいアーキテクチャ考えてってのはintelのプライドが許さないだろうな
某所ではGPUに加えてCPUまでAMDパクるようになったのかとまで言われてるし…
2018/05/02(Wed) 10:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159880 
>159867
そういうSoCビジネスって新規開発というよりは顧客に合わせてIPコアを
組み合わせていくカスタムメイドみたいな感じになりそうだけどな
たとえばAMDにとってのPS4みたいな
2018/05/02(Wed) 22:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159887 
>159872
ライバル製品の良さを素直に認めてそれの開発者に頼るって企業の姿勢としてそんな悪いこととは思えないけどな
立て続けに問題出てるこの時期にプライドに固執する方が企業として駄目駄目でしょ
これでパクリとか騒ぐのは流石にIntelに対して悪意がありすぎるのでは
2018/05/03(Thu) 18:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159902 
159887
intelにライバルの良さを素直に認める姿勢があったら
PCメーカーに圧力かけたりサードのチップセット締め出しとかなく
健全なPC市場があったと思うが…
少なくともMeltdown問題含めてCPU部門が今年前半お通夜状態になるのは確かで
intelがなりふり構ってられない状況なのは間違いない
2018/05/04(Fri) 23:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159957 
MeltDownとか
Windowsカーネルがアプリと同じメモリアドレスで予測可能なメモリ空間でメモリ管理
しているからこそ投機実行で読み出したアドレスなどによってメモリが特定され
さらに投機実行でそれをアクセスできる事態がおきた、
仮想記憶そのものではそれを防ぐ設計は可能であったわけでCPUだけの問題じゃない。
投機実行で僅かに見えるそれから追いかけるメモリポインタとかをさらに渡してメモリを
読めなければ記号としては見えるが意味がわからない古代文字と同じで解析できるものでもない。
2018/05/14(Mon) 15:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159962 
スペクターやメルトダウンは自作市場で騒いでいるだけで、一般的には全く知られてないからIntel製品は今でも飛ぶように売れているよ
2018/05/15(Tue) 10:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160027 
何たらレイクは型番忘れるわ
2018/05/23(Wed) 03:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9351-9e2bf307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック