北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Nvidia quietly launches the GeForce GTX 1050 3 GB(The Tech Report)
Nvidia reveals their GTX 1050 3GB GPU(OC3D)
NVIDIA launches GeForce GTX 1050 3GB, 768 CUDAs with 96-bit bus(VideoCardz)
GeForce GTX 1050 Graphics Cards(NVIDIA)

NVIDIAはGeForce GTX 1050 seriesの新製品として、GeForce GTX 1050 3GBを追加した。GeForce GTX 1050 3GBは“Ti”を名乗らないが、CUDA coreの数はGeForce GTX 1050 Tiと同じ768基である。コア周波数はGeForce GTX 1050 Tiよりも高く設定されているが、一方でメモリインターフェースは96-bitに削減されており、メモリ帯域は従来のGeForce GTX 1050 2GBよりも狭くなる。

スペックは以下の通り。
 
>
GeForce
GTX 1050 TiGTX 1050
コア・プロセスGP107
SM665
CUDA core数768768640
TMU484840
ROP3224?34
コア周波数Base1290MHz1392MHz1354MHz
Boost1392MHz1518MHz1455MHz
搭載メモリGDDR5 4GBGDDR5 3GBGDDR5 2GB
メモリ周波数1752MHz
(7008MHz)
1752MHz
(7008MHz)
1752MHz
(7008MHz)
メモリインターフェース128-bit96-bit128-bit
メモリ帯域112GB/s84GB/s112GB/s
TDP75W75W75W


メモリ帯域が減少する分をCUDA core数の増加と周波数の向上で補う形となるだろうか。GeForce GTX 1050 3GBの登場の背景として、2GB版で使用していた512MBのGDDR5チップの供給の減少が推測されており、1GB×3としてメモリチップの数を減らすことの方がCUDA coreを無効化したものを出すよりもコストが下げられるのかもしれない(CUDA coreを無効化した製品を出す必要がなくなったということは、GP107コアの歩留まりは良好そうである)。


コメント
この記事へのコメント
160030 
あれ、
マクスウェル世代は 128 CUDA Core / SM でしたが、
パスカル世代だと 64 CUDA Core / SM なので、
1050 Ti は 12SM、
1050 2GB は 10SM なのでは?
2018/05/23(Wed) 10:44 | URL | LGA774 #qsvP4ThM[ 編集]
160033 
型番からTi抜いたのは、他の同様な代物での帯域地雷という評判をさすがに気にしてのことなんだろうね。
買う方としても中身自体は違っても実際の性能に合わせてくれた方が迷わずに済むし。
2018/05/23(Wed) 20:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160034 
メモリインターフェイスが96-bitということは
それだけで言うと1030の上位でゲーム向きって
ことじゃないですよね
微妙なバージョン…
2018/05/23(Wed) 21:50 | URL | LGA774 #G1Z3bRKw[ 編集]
160104 
調達の都合で1Gbitチップで揃えた方がいいというのと
1050Tiの一部回路を止めるだけでいいというのがあるんだろう。GPUコアの歩留まりがよくて、かつ最近のメモリー高騰にも対応した措置かな。
実際に動かした場合、2G版と3GBはどちらの消費電力が高くなるのだろうか。
2018/05/31(Thu) 00:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9377-bda2caa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック