北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Noctua go all black for Computex 2018(OC3D)

IntelやAMDのHEDT向け新CPUのアナウンスで盛り上がったComputex 2018だが、その他にも例年通り様々なメーカーが新製品を展示した。

Noctuaもそのうちの1社で、新型のファンやクーラーが展示された。その中でも特に興味深いのがLGA3647に対応するというCPUクーラーだ。
 
既にPCに詳しい方々はIntelがLGA3647で28-core/56-threadのハイエンドエンタープライズ向けCPUを投入するというニュースはご存じだろう。Intelはこの28-core/56-threadのCPUをHEDT向けに第4四半期に投入する。

Noctuaはこの新Socket―LGA3647への準備を進めている。

ASUSのLGA3647 2-wayマザーである“WS C621E SAGE”にNoctuaのCPUクーラーが装着された写真が掲載されており、その写真の前にマザーボードに取り付けられているものとは異なる形状のクーラーが並べられている。
前に並べられたクーラーもおそらくはLGA3647に対応するCPUクーラーであろう。

LGA3647はSquareとNarrowの2種類があり(これまでのサーバー向けLGA2011/LGA2011 v3と同様)、HEDT向けがどちらを採用するかはわからないが、Noctuaは今までのLGA2011/LGA2011 v3向けCPUクーラーでSquareとNarrow両方に対応した製品を出しており、今回もその両方に対応したクーラーが出てくることを期待したい(両対応であればXeon Scalable Familyでの自作においても良いCPUクーラーの選択肢が生まれることになる)。



コメント
この記事へのコメント
160240 
定格TDP200W overの世界では簡易水冷の独壇場に見えるが、さて。。。
2018/06/11(Mon) 00:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9395-9b53782d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック