北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Exclusive: The AMD Inside Story, Navi GPU Roadmap And The Cost Of Zen To Gamers(WCCF Tech)

“Vega”がApple向けにとか“Navi”がPS5向けにという話もあるが、その付近は割愛。

Computex 2018でRadeon Instinct向けの“Vega 7nm”のデモが行われ、またゲーマー向けに7nm GPUが投入されることが明らかにされたが、もう少し突っ込んだ話がWCCF Techに掲載されている。
 
  • “Vega 7nm”はゲーマー向けにはもたらされない
  • “Navi10”が最初に投入する“Navi”世代のGPU。フォームファクタによるが2019年下半期から2020年の時期に予定。性能レベルは“Vega”と同等で、7nmプロセスを用いた小型のGPUとなる
  • “Navi10”のすぐ後に“Navi14”が予定されている
  • “Navi20”が7nm世代のハイエンド向け。2020年から2021年予定
  • “Navi”はGraphics Core Nextから転換を図る最初のアーキテクチャとなる。
  • “Next-Gen”アーキテクチャはAMD内部でかつては“Kuma”と呼ばれていたが、AMDはこの名を使わないことを決定した


“Vega 7nm”はやはりRadeon Instinct向けのようで、少なくとも一般向けのRadeonとしては出てこないよう(Radeon Proはまだ可能性はあるかもしれないが)。
7nm世代で最初に登場しそうなのが“Navi10”でその規格によって異なるが2019年下半期から2020年の予定。そしてそれほど間を入れずに“Navi14”が登場する。“Navi10”の性能は“Vega”と同レベルのようであるが、過去の情報を合わせれば現在“Polaris”が担っているメインストリーム向けに“Vega”の性能が降りてくるということなのかもしれない。「7nmの小さいチップ」という表現も見られ、おそらくはメインストリームで戦えるだけのサイズに仕上げてくるのであろう。

“Navi”世代のハイエンドが“Navi20”。2020年から2021年予定。“Navi20”と“Navi14”の詳細は現時点では不明。そして“Navi”の次の世代―“Next-Gen”と呼ばれる世代はかつては内部で“Kuma”と呼ばれていたが、この名前はボツになったよう K10世代で同じ名前の微妙な子がいましたね

あくまでも噂段階の話として捉えなくてはいけないだろうが、2019年末の“Navi10”以降のスケジュールはなんとなくであるが描くことができる。一方、相変わらずわからないのが“Navi10”までAMDは何をコンシューマ向けグラフィック製品に据えるのかということだ。“Vega10”を拡大する、あるいは噂された“Vega11”や“Vega12”が14nmないしは12nmで投入するのか、はたまた何もせず“Vega10”と“Polaris”を引っ張り続けるのか。

48 CUの“Vega”を持ってきて、メインストリームにはそのままRadeon RX Vega 48/Vega 40、ハイエンドにはDual-GPUでRadeon RX Vega 96/Vega 80・・・となったらRadeonも盛り上がりそうではあるが可能性は低いだろうか(HBM 2を組み合わせたおかげでDual-GPUもかつてよりはやりやすいはずだが、夢物語でしかなさそう。それこそ出たらとってもうれしいなというレベル。“Vega11”も“Vega12”も続報が全くなく、結局は現行のラインナップをそのまま引っ張りそうな雰囲気である)。



(追記:2018年6月14日22時37分)
AMD Radeon RX 680 should have Navi 10 GPU with GDDR6 in 2019(TweakTown)

TweakTownが得た情報によると、Radeon RX 680は“Navi”アーキテクチャのGPUと8GBのGDDR6を搭載する。そして性能はGeForce GTX 1080からGTX 1080 Ti付近となり、より高速なGDDR6を搭載することにより高解像度ではGTX 1080 Tiと張り合えるだけのものとなる。一方、価格は$299~399となる。

ハイエンド向けの7nm GPUである“Navi 20”は2020~2021年と言われている。つまりまずは本当に良いミドルレンジ向けグラフィックカードでどうにか市場にたどりつかなければならない。
とにかくAMDはRadeon RX Vega 64と同等の性能を7nmの“Navi 10”で実現するが、低価格化のためHBM 2ではなくGDDR6を用いる。


“Navi 10”に関するもう少し突っ込んだ話である。“Navi 10”の性能はRadeon RX Vega 64並みないしはGeForce GTX 1080~GTX 1080 Ti付近となる。しかし位置づけはメインストリーム向けであり、VRAMとして使用されるのはGDDR6、価格は$299~399となるとされている。以前にもあったとおり、“Navi 10”はハイエンド向けではなくメインストリーム向けとなり、“Polaris 10”の後継となるGPUコアのようである。


コメント
この記事へのコメント
160260 
Naviが出るまではリネームでRX 600シリーズでしょ
2018/06/13(Wed) 21:00 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
160267 
確かnaviがryzenと同じくダイを分けるみたいな話ありませんでしたっけ?
それと、お値段もメインストリームですよね……高かったら泣きますよ…
2018/06/14(Thu) 00:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160268 
リネームのリネームでいつまで引っ張るんだろう。やる気ないなあ。
2018/06/14(Thu) 01:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160269 
RX600番台はNaviみたいな話がある。
2018/06/14(Thu) 05:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160270 
GCNやっと終わりか…。(早くて来年末だが)
次世代アーキテクチャでは仕切り直してほしい
いっそRyzen専用とかでもやっていける土壌はできそうだと思ってるが
2018/06/14(Thu) 06:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160271 
Vega11に関しては広報担当がRavenRidgeの11CUのことという話があった気が・・・
でも最近Vegaの基本アーキテクチャの設計が終了した以降のGPU開発の話を聞かなくなった気がするのは、GPUチームの流出?が影響してたりするのだろうか
2018/06/14(Thu) 06:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160281 
GCNは結局絵に描いた餅だった
オンオフ両対応しているすごい車を作ったものの、
運転手が虚弱体質で、チームも素人集団という
車を活かしきれない環境
2018/06/14(Thu) 15:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160285 
ロードマップって大体伸びるイメージだから
navi20は2022年以降な気がする。
長いな…
2018/06/15(Fri) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160289 
GCNはDX12に最適化したアーキテクチャだからね、未だにDX11が大半を占めてるのは予想外だったな
だからといって今更GCNを捨ててDX11向けのチープなGPUを作るわけない
2018/06/15(Fri) 09:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160291 
弾切れならMAXXやX2のような2GPUの色物勝負の出番かな
Polaris版のRadeon Pro Duoを流用するだけで”新製品”として発表できるし・・・
2018/06/15(Fri) 10:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160293 
VegaのことであるGFX9シリーズは、906までのIDが存在して、GFX900がVega 10,901がVega 11,902/903がRRのiGPU,904がVega 12,905が謎で、906がVega 20となっているので、一応Vega 11/12は設計等はしたのかなーと、続報のないVega Mobileしかり、市場に出てくるかは不明ですが。
2018/06/15(Fri) 16:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160294 
RX680がGTX1080並か・・・
670や660も期待していいのかな?
2018/06/15(Fri) 17:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160303 
12nmは不戦敗か
2018/06/17(Sun) 16:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9399-301e5ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック