北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD's 32-core Ryzen Threadripper 2990X appears on 3DMARK (OC3D)
AMD Ryzen Threadripper 2990X listed for 1509 EUR(VideoCardz)

Computex 2018でAMDは第2世代Ryzen Threadripperとして32-coreの製品を投入することを発表した。第2世代Ryzen Threadripperは12nmの“Zen+”アーキテクチャを採用し、16-coreから32-coreがラインナップされ、マルチスレッド性能が特に要求されるアプリケーションにおいて大幅な性能向上を果たすと見込まれる。

今回Tum Apisakと呼ばれる人物が、32-coreのRyzen Threadripper 2990Xのものとされる情報を3DMark Databaseの中から見つけ出した。3DMark Databaseに記されたRyzen Threadripper 2990Xのスペックは32-core/64-thread, Base 3.00GHz/Boost 3.80GHzとなっていた。
 
スクリーンショットを見るとProcessor名はRyzen Threadripper 2990X 32-core processorと表示されている。定格周波数は3.00GHz、Turbo時の最大周波数は3.80GHzである。論理コア数は64-coreとなっている。物理processor数はもちろん1となっており、このスクリーンショットが例えばEPYC 16-coreを2個搭載してでっち上げたものではないことを示している(EPYCを2個用意する方が面倒くさそうだが)。

比較対象となっているCPUはGenuine Intel(R) CPU 0000 @2.60GHzと表示された8-core/16-thread, 2.60GHz/Boost 3.70GHzのCPUである。これはおそらくは8-core版“Coffee Lake-S”のES品と思われるもので、過去にも同様のスペックのものが姿を現している。

VideoCardzにはRyzen Threadripper 2990Xの価格が掲載されている。欧州のCyberportと呼ばれるオンラインショップが予価を掲載しており、1509ユーロとなっている。日本円で193016円(1ユーロ=127.91円)となり、32-core/64-threadというスペックを考えればかなり安価な設定となる(あくまでもスペックから見た相対的な話であり、絶対的な価格としてはそう簡単に手が出るものではないが)。

なお32-core/64-threadのRyzen Threadrippe 2990Xの下に24-core/48-threadのRyzen Threadripper 2970Xが存在するとまことしやかにいわれており、おそらくは相当するものは出てくるであろうが、こちらはまだあまり情報はない。


コメント
この記事へのコメント
160377 
AMDじゃないみたいな製品展開だ
訓練されたAMDユーザーでも戸惑う
2018/06/27(Wed) 22:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160378 
ここまでコア数が増えると、シングルの弱さが気になってくるわ
EPYCならマルチに特化しても良いけど、HEDTだとシングルも気になる
2018/06/28(Thu) 00:17 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
160380 
思ってたよりずっと安い
intel頭抱えてそう
2018/06/28(Thu) 07:29 | URL |   #-[ 編集]
160381 
買えないけど、Interより安いんじゃない?
Ryzen2早く出ないかな
2018/06/28(Thu) 07:44 | URL | さんた #-[ 編集]
160382 
今までのAMDじゃないみたいだ。
順調すぎる。
いくら高性能でもathlon64x2 みたいに高価格にしたり、intelを必要以上に挑発したり、調子に乗りすぎないのも好感。
グラボが安定させて、Radeonユーザーを増やしてほしい。
2018/06/28(Thu) 15:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160384 
流石にTDP250WだとCPUクーラーはDIY水冷か280mm以上の簡易水冷でないと無理かしら?7nmであれば、125Wは無理でも180W位には抑えられただろうに❗
2018/06/29(Fri) 06:45 | URL | Socket942 #-[ 編集]
160385 
EPYC 7551Pと比較すると格安
2018/06/29(Fri) 16:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160386 
順調すぎてビビるわ。
来年、7nmになったら64コアが出て来るんだろうな。
Ryzenの登場からCPUの性能がとんでもない事になってるな。
Good job!
2018/06/29(Fri) 22:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160387 
このペースだと7nmでは16coreがメインストリームになりそうだ
intel時代には考えられなかった快挙だな
2018/06/29(Fri) 22:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160388 
16コアの6282SEを2個買うより安価だ
性能差も大きい(2倍とまでは行かないだろうが)
後は賞味期限…zen2スリッパ登場までの時間がどの程度か
2018/06/30(Sat) 02:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160397 
CPUに10万出せる人は20万だって出せるさ^_^;ただ、Zen2の記事をみてるとryzenは更新するならZen2までまった方が良いようなryzen5 1600→2600Xに更新して感動が無かったのでryzen7 1800Xは更新しなかった自分がいます。
2018/07/02(Mon) 07:00 | URL | Socket942 #-[ 編集]
160400 
160397さん
今回の第2世代は、Intelで言えばKaby Lakeみたいなもんです。
アーキテクチャはそのままで、プロセス変えて周波数を少し上げただけ。
周波数の上げ幅も200~300MHzくらいで、それも第2世代と同程度ですね。
2018/07/03(Tue) 00:34 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
160402 
自分はメイン機が未だFX8350なので、大体の物を買ったら感動すると思うけどZen2まで待ちたい。
PCが壊れなければ。
2018/07/03(Tue) 04:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160412 
Threadripper2が32coreで20万弱であれば、ryzen2が16coreで7万弱?Ryzen7 1800Xの初値が6万3千円程度だったからマザーボードと併せれば10万弱、今から準備すれば何とかいけるな。
2018/07/04(Wed) 10:17 | URL | Socket942 #juA8Tl5A[ 編集]
160420 
後はエンコード以外にもマルチスレッドを活かせるような環境だな
OSやコンパイラが進化してプログラマーの負担を減らすのにも限界がある
X86の系譜を引きずっている限りはという話だが
或いはタスクの振り分けにAI的手法を用いる回路がCPUに内蔵されるかもしれないな
今時のCPUのフロントエンドに分岐予測が当たり前に組み込まれているように
2018/07/05(Thu) 23:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160457 
160420
結局そこで各言語に無視されたら意味がないですからね
RADEONが今一つなのも開発側へのサポートが充分ではないからだと思うし
2018/07/12(Thu) 19:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9418-92061552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック